engadget

KDDIの高橋誠社長は決算会見で、3月に提供するauのオンライン専用ブランド「povo」について、家族割のカウント対象とすることに前向きな姿勢を示しました。

NTTドコモは「ahamo」について、当初から一転して家族割カウントの対象に含めると表明しています。これに対抗しないのか問われた高橋誠社長は『市場環境を踏まえて、(家族割カウントについて)適切に前向きに対応していきたい』と述べました。

また「povo」の申し込みは、基本的にはオンライン限定となりますが、一部店舗での取り扱いについても『詳細を詰めている』と述べ、含みをもたせました。

povoの詳細については3月に改めて発表予定。ドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」が実施している、先行申し込みで3000円分のポイントを付与するキャンペーンについても、3000円のau PAY残高を付与する形で実施すると明らかにしました。