engadget

NTTドコモは、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」を10月1日に廃止します。

また「解約金留保」の制度も同日廃止します。同制度は定期契約の解約金を、ahamoのように定期縛りがない、あるいは縛りが弱い新しいプランに移行しても留保するという内容で、キャリア間の移行を妨げると問題視する声もありました。

この変更に伴い、現在提供している2年契約プランについては、2021年9月30日に新規受付を終了します。

engadget

加えて、旧料金プランの「ずっとドコモ割コース」契約者に対して、"2年の契約期間内に解約すると1万450円の解約金が発生する"2年定期契約を更新した際に付与している「更新ありがとうポイント」の提供も10月1日で終了します。

Source:NTTドコモ