NTTドコモ
Rintaro Kaneko / Engadget

本誌既報の通り、10月14日17時ごろから、NTTドコモで携帯電話の音声通話やデータ通信が利用しづらくなる通信障害が全国で続いているようです。

NTTドコモの回線網を借り受けて、格安SIMサービス「IIJmio」を提供するインターネットイニシアティブは、Twitterで「弊社サービス(タイプD、eSIM)のお客様の一部に影響が出ています」とコメントしています。

また、NHKニュースは、「19時57分に復旧した」と報じていますが、その後も「つながらない」とのコメントが相次いでツイートされています。

これを受けてIIJは、「弊社ではまだ同社から復旧の連絡は受けておりませんが、連絡がありましたら障害のアナウンスをアップデートいたします。現時点で未だお使いになれないお客様は端末再起動をお試しください。ご迷惑を改めてお詫びします」としています。



【 2021年10月15日 8時20分 】通信障害の原因について追記

通信障害の原因について、NTTドコモは「ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳(ふくそう)」と説明。具体的には、IoT機器向けのネットワーク工事の過程でロールバック(元に戻す作業)を実施した結果、音声通話やデータ通信が利用しづらい状況が続いてしまった、ということです。

なお、障害の発生から復旧までに2時間以上も経過したことになりますが、それから一夜明けた今朝になっても、「電話がつながらない」「電波の表示が3Gのまま」といった声が上がっています。

NTTドコモは「通信が混み合っており、一部のお客様ではつながりにくい事象が発生しておりますが、順次回復しております」としたうえで、「お客さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。

関連記事:ドコモ、通信障害の原因を発表


NTTドコモ (通信状況のお知らせ)