NTTドコモは、食料品や日用品の無人販売が可能なスマートスタンドと、リモート運営システムを開発しました。人と接触せずに商品を受け取れるうえ、人手不足の解消にもつながることから、2021年7月以降に都内の一部施設で試験運用を始める予定です。

スマートスタンドは、ショーケース型の冷蔵庫にスマートロック、センシング、映像監視などを行う専用デバイスを取り付けたもの。専用アプリで商品を購入し、QRコードでスマートスタンドのロックを解錠した後、商品を受け取れます。

専用アプリのチャット機能を使って、置いてほしい商品をリクエストできる機能も備えます。

また、リモート運営システムを利用すれば、スマートスタンドのロック状態、温度、利用者や冷蔵庫の映像といった運営情報の遠隔監視ができます。故障時には自動で運用を停止できるほか、画像認識エンジンなどを活用した異常検知も可能です。

NTTドコモは今後、小売事業者や不動産事業者などとのパートナリング、サービス、UXの改善にも取り組むとしています。

なお、“非対面”で商品を受け取る取り組みは、コンビニ大手や鉄道各社なども積極的に進めています。2021年2月にはパナソニックがキャッシュレス決済機能付きのショーケースを発表。カメラによる画像認識が可能なほか、重量センサーで取り出した商品の種類と数量を判別できます。

▲パナソニック製「キャッシュレス決済機能付き冷蔵ショーケース(画像認識タイプ)」


Source:NTTドコモ


関連記事: