NTTドコモは3月29日、携帯電話の初期化をせずに修理できる「預かり修理(データあり)」サービスを4月1日に開始すると発表しました。利用料金は税込4950円で、修理代金が別途発生します。

同社はこれまでセキュリティの観点などから、データや設定の初期化が済んだ携帯電話の修理を受け付けていましたが、新サービスでは初期化が不要です。

この理由について同社は「修理拠点のセキュリティを強化したほか、修理工程を見直したことによるもの」と説明しています。

対象機種はサムスン電子製のGalaxyシリーズ、シャープ製のHシリーズ(2015~2016年発売)以降、タブレット、spモードに対応するケータイ。対応機種の拡大については今後検討するとしています。

申込みは全国のドコモショップと故障修理受付拠点で行えます。受付条件は「修理品どこでも受取サービス」「見積もり修理」を利用せず、画面ロック解除コードを申告することです。

Source : NTTドコモ

関連記事: