engadget

NTTドコモが5Gエリアの品質向上に向けた取り組みを発表しました。

同社によると、5Gエリアの端等の電波品質の悪い場所において、まれに通信速度の低下と、それに伴うアプリやブラウザのエラーが発生する場合があるとのこと。この事象の改善のため、6月末までに必要な対策を実施するほか、5G基地局を1万局まで拡大し、より一層の5Gエリアの品質向上を目指すといいます。

なお、同事象は5Gの電波品質が悪い場所で発生するといい、場所を移動することで回復できる場合があるものの、同一の場所での利用で事象発生が継続する場合には、端末の設定メニューから優先ネットワークを「4G / 3G / GSM」に切り替え、5Gをオフにするよう呼びかけています。

NTTドコモの5Gをめぐっては、SNSで「パケ止まりする」との声が上がっていました。

Source:NTTドコモ