NTTドコモは5月18日、月額2970円の料金プランahamoに関する質問内容にAI(人工知能)がチャット形式で自動的に回答するサービス「FAQチャットボットサポート」を始めました。年中無休で運営します。

利用方法はスマートフォンやパソコンからahamoのWebサイトにアクセスし、チャット入力欄に文字を入力するだけです。回答できない質問があった場合は専用オペレータへの質問が可能な画面に誘導するとしています(同社)。

100万契約のahamoに手応え ── “サポート”をアピール

ahamoといえば4月22日から全国約2300店舗のドコモショップで有料サポートが始まったばかり。客が同社に対して1回3300円を支払うと、店頭で新規契約や機種変更手続きなどのサポートを受けられるというものです。

そんなahamoについて同社の井伊基之社長は5月12日の決算説明会で、ahamoが4月末時点で100万契約に達したことを明らかにしました。同氏は「楽天モバイルから戻ってくるケースもある」と語っており、中容量かつ割安な料金プランahamoに手応えを感じているようでした。

ahamo
▲NTTドコモの井伊基之社長

また、同社の関係者は「顧客の意見を取り入れながらahamoのサービスを進化させたい」と話しており、基本的にはahamoをオンライン専用料金としつつ、“サポート”をアピールすることでデジタルネイティブ世代と呼ばれる20代以外の客も取り込みたい考えです。

Source : ahamo