docomo 21 summer

NTTドコモは5月19日、2021年夏モデル11機種を一挙に発表。内訳はハイエンド5Gスマホ4機種、スタンダード5Gスマホ2機種、4Gスマホ2機種、5GモバイルWi-Fiルータ1機種、5Gホームルータ1機種です。このうちスマホは月額2970円の料金プラン「ahamo」に対応します。詳細は下記の通りです。

■ ハイエンド5Gスマホ

Galaxy S21 Ultra 5G

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

Galaxy S21 Ultra 5G の6.8インチWQHD+ディスプレイは従来までGalaxy Noteシリーズ限定だったスタイラスの「Sペン」に対応。背面カメラは超広角1200万画素、広角1億800万画素、さらに光学3倍と光学10倍のデュアル望遠レンズを加えたクアッドカメラ構成となっています。

内部ストレージは256GBでメモリは16GBと大容量。バッテリー容量は5000mAh。NTTドコモのミリ波に対応する点も見逃せないポイントです。ドコモオンラインショップでの価格は15万1272円です(詳細はこちら)

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

Galaxy S21 5G

docomo 21 summer

Galaxy S21 5G はクアルコムの最上位プロセッサ「Snapdragon 888」や、6.2インチの有機ELディスプレイを備えるほか、カメラは超広角1200万画素・広角1200万画素・光学3倍望遠 6400万画素のトリプル構成。インカメラに自分の顔を写しながら背面カメラで撮影することも可能です。ドコモオンラインショップでの価格は9万9792円です(詳細はこちら)

docomo 21 summer

また、NTTドコモは Galaxy S21 5G の通常モデルだけでなくオリンピックモデルも用意。背面にオリンピックのロゴをあしらい、サイドフレームにゴールドカラーを採用したデザインです(詳細はこちら)

Galaxy S21 5G Olympic Games Edition

AQUOS R6

docomo 21 summer

最大の特徴はドイツの老舗光学機器メーカーLeicaが監修したカメラを搭載したこと。高級デジカメ並みの1型センサで、シングルレンズながら広角で歪みを抑え、明るい写真が撮れるとのこと。8K撮影には非対応ですが、4Kから8K相当へのアップグレードも可能です。

ディスプレイは240Hz駆動の有機ELパネル。3D超音波指紋センサーを内蔵し、認証面積を広げたことで2本指の同時認証も可能です。充電に関してはMax充電を90%に設定でき、電池の劣化を抑えることが可能です。価格は未定です(詳細はこちら)

docomo 21 summer
docomo 21 summer
docomo 21 summer
docomo 21 summer
docomo 21 summer

Xperia 1 III

docomo 21 summer
docomo 21 summer

Xperia 1 III は可変望遠レンズや4K 120Hz駆動に対応した21:9比率の有機ELディスプレイなどを搭載したスマホ。自動フォーカス追従や、毎秒20コマの高速連写も可能です。ソニーのデジタル一眼カメラ「α」シリーズの機能とUIを踏襲したカメラアプリ「Photography Pro」も使えます。

通常のステレオ音源を立体化できる「360 Spatial Sound」に対応し、3.5mmのオーディオジャックも備えるほか、別のQi対応端末にワイヤレスで給電できる「おすそわけ充電」機能も搭載しています。ミリ波にも対応します。価格は未定です(詳細はこちら)

docomo 21 summer
docomo 21 summer
docomo 21 summer
docomo 21 summer

■ スタンダード5Gスマホ

Galaxy A52 5G

docomo 21 summer

Galaxy A52 5G の背面カメラは約6400万画素の広角、約1200万画素の超広角、約500万画素の深度測位用、約500万画素のマクロという4眼仕様。このうち広角カメラは手ぶれ光学手ぶれ補正に対応します。

ディスプレイは120Hz駆動の約6.5インチ有機EL。スピーカーはステレオ仕様ですが、サラウンド技術Dolby Atmosに対応します。このほか、スタンダード5Gスマホながら防水・防塵仕様で、おサイフケータイも利用できます。価格は未定です。

docomo 21 summer

Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy A52 5G SC-53B
Galaxy A52 5G SC-53B

Xperia 10 III

docomo 21 summer

Xperia 10 III はミドルレンジXperiaとして初めてHDR表示や、5G通信(Sub6)に対応したスマホ。手頃な価格や持ちやすさも売りとなっています。3.5mmのオーディオジャックも搭載しています(詳細はこちら)

ドコモオンラインショップ限定カラー「イエロー」も用意され、機種代金の1%相当が新型コロナウイルス感染症の対応などを行う日本赤十字社などの団体へ寄付されます。価格は未定です。

docomo 21 summer
docomo 21 summer

Xperia 10 III SO-52B

Xperia 10 III SO-52B

Xperia 10 III SO-52B
Xperia 10 III SO-52B

■ 4Gスマホ

Xperia Ace II

docomo 21 summer

Xperia Ace II はXperiaシリーズでは珍しい水滴型ノッチ付きの5.5インチ液晶ディスプレイや、4500mAhのバッテリーを搭載した4Gスマホ。背面カメラは約1300万画素と深度測位用の2眼仕様です。

また、アプリアイコンを多く表示する「かんたんホーム」でスマホ初心者を意識した仕様でもあり、NTTドコモは購入者に先着で「かんたんガイド」を配布します。ドコモオンラインショップでの価格は2万2000円です(詳細はこちら)

Xperia Ace II SO-41B

docomo 21 summer
docomo 21 summer
Xperia Ace II SO-41B
Xperia Ace II SO-41B

arrows Be4 Plus

docomo 21 summer

arrows Be4 Plus は画面割れに強く、防水防塵かつ泡ハンドソープでの洗浄とアルコール除菌に対応し、新型コロナで高まる衛生意識に応える仕様です。背面の指紋センサーはロック解除だけでなく背景のぼかしレベルの調整にも活用できます。

また、ビデオ通話中に届く通知を抑止したり、定型文で応答する着信SMS機能も搭載。ほかにもマスク装着時の聞き取りづらい周波数を肉声に近づけることで、こもった声も聞き取りやすくする新機能を搭載しています。ドコモオンラインショップでの価格は2万1780円です。

docomo 21 summer

arrows Be4 Plus F-41B

arrows Be4 Plus F-41B

arrows Be4 Plus F-41B

arrows Be4 Plus F-41B
arrows Be4 Plus F-41B

■ 5G対応ルータ

Wi-Fi STATION SH-52B

Wi-Fi STATION SH-52B

NTTドコモはスマホのほかにも5G(Sub6)対応のモバイルWi-Fiルータとして「Wi-Fi STATION SH-52B」を用意。5Gの最大通信速度は下り4.2Gbps、上り218Mbps。キャリアアグリゲーションにも対応します。小型ながら4000mAhのバッテリーを搭載します。クレードルは同梱されず別売です。価格は未定です。

Wi-Fi STATION SH-52B
Wi-Fi STATION SH-52B
Wi-Fi STATION SH-52B

home 5G HR01

home 5G HR01

NTTドコモにも工事不要でコンセントに挿せば使える「SoftBank Air」のような宅内ルータがようやく登場。5G(Sub6)やWi-Fi 6に対応し、5Gの最大通信速度は下り4.2Gbps、上り218Mbpsとなっています。

注意点としては、他のプランからの移行はできず、新規契約しかできない点、そしてNTTドコモに登録した住所でのみ利用でき、外出先での使用はできない点などが挙げられます。価格は未定。8月下旬ごろに発売予定です(詳細はこちら)

home 5G HR01
home 5G HR01


Source:NTTドコモ