NTTドコモが発表した新料金「ahamo」(アハモ)──。従来プランと比べた『安さ』が話題を集めています。本記事では本プランについて噛み砕いて紹介します。

──「ahamo」とは

「ahamo」は、ドコモが発表した新料金プランです。月額2980円で20GBが利用でき、かつ1回5分までの国内通話が無制限。加えて、海外82の国と地域で追加料金なしでデータ通信できます。

──本当に2980円? 複雑な条件はないの?

本当です。従来の携帯キャリアの料金プランは「家族何人でいくら」「※最初の1年間の場合」など、条件が複雑でわかりにくいものでした。対する「ahamo」は月2980円の単一料金です。割引の細かな条件をなくし、事務手数料やMNP手数料もありません。その代わり、家族割やドコモ光といったセット割もありません。

──提供はいつから?

サービス開始は2021年3月を予定します。なお、今年12月3日から「先行キャンペーン」と銘打ち、公式サイトで電話番号とメールアドレスを登録し、サービス開始後に「ahamo」を契約したユーザー全員に、dポイント(期間・用途限定)3000円分を付与します。

──どうして安くできたの?

「ahamo」は、『デジタルネイティブ』な20代の若者をターゲットにしています。申込みや手続きは全てオンラインで完結させており、ドコモショップなどから申し込むことはできません。このように、ネット完結型とすることでサポート費用を削減し、低廉な料金を実現したといいます。

また、井伊基之新社長によると、ドコモユーザーは他キャリアに比べてシニア層の比率が高く、10年・20年後のシェアを考えた時に、若者に向けて魅力的なプランを打ち出し、若者のユーザーを取り込む必要があったと説明しています。

──ドコモショップでは手続きできないの?

前述の通り、申込みや手続きは全てウェブやアプリ上で行うため、ドコモショップでは手続きできません。

──既存の料金プランから簡単に乗り換えられるの?

あくまでドコモの1プランという位置づけのため、既存プランのユーザーは簡単に乗り換えられるようになる予定です。しかし、2021年5月まではシステム改修の関係で、既存のドコモユーザーが乗り換える場合でも、他社からの乗り換えと同じ手続きが必要になります。

──既存の料金プランはどうなるの?

ドコモは既存プランとして「ギガホ」「ギガライト」を提供しています。こちらは「ahamo」に対するプレミアム(高付加価値)プランという位置づけで、12月中に改めて見直しを発表します。

──KDDIやソフトバンクの値下げとの違いは

大きな違いは料金です。KDDIやソフトバンクがサブブランドの「UQモバイル」「ワイモバイル」で提供する値下げプランは、1回5分間の通話定額を含めると、いずれも4000円を超えます。

また、KDDIとソフトバンクの値下げプランは4Gしか使えないのに対し、5Gも利用可能。加えて、海外82の国の地域で追加料金不要でデータ通信が行える点もアドバンテージとなります。

──楽天モバイルとどっちがいいの?

第4のキャリアとして携帯事業に参入した楽天モバイルにとっては、手強いライバルになります。

ただ、20GBという容量設定は、屋外でのテザリングや、日常的に動画コンテンツを視聴する層には絶妙に足りないとも言え、エリアの制約はあるものの、月2980円で5G含めデータ通信が無制限の楽天モバイルにもアドバンテージは残っています。また、現状不十分なエリアの拡大や、楽天ポイントといった「楽天経済圏」とのシナジーが今後の注目ポイントとなります。

関連
ドコモ、20GBで2980円の新料金「ahamo」(アハモ)発表
『携帯3社値下げで楽天とMVNOが窮地に』懸念に総務相「そんなわけない」