NTTドコモとJR東日本は、時速360キロで走行する次世代新幹線試験電車「ALFA-X」の車内で、4.85GHz帯100MHz幅を用いた5G通信に成功しました。

この実証実験は、2020年10月〜12月に東北新幹線の仙台〜新青森間で行われました。

線路沿いに基地局を2か所設置し、電波の放射エリアを特定方向へ集中させる「ビームフォーミング機能」、電波の放射方向を制御する「ビーム追従機能」、ドップラー効果による周波数の遷移を補償する「ドップラー保証機能」、シームレスに接続先の基地局を切り替える「ハンドオーバー機能」を搭載した実験装置を用いました。

その結果、360km/hで走行する新幹線の車内において、受信時最大500Mbps以上、送信時最大100Mbps以上の通信速度を達成。また、通信速度を劣化させること無く、基地局を切り替えられることも確認しました。

また、約30分間の4K映像コンテンツを1分でダウンロードすることに成功したほか、2つの基地局を使って約5kmの安定した5G通信エリアを構築し、4Kと8Kのストリーミング再生や、車両から8K映像をアップロードすることにも成功しました。

この実証実験によって、360km/hの車内でも5Gを使った高速なインターネットを利用できることが確認されました。NTTドコモとJR東日本は、今後も高速鉄道における快適なモバイル通信と、付加価値の高い移動空間の提供を目指すとしています。

「ALFA-X」は、北海道新幹線の札幌延伸を見据えてJR東日本が開発している試験電車で、最高速度は現行の320km/hを上回る360km/hを目指しています。青函トンネルの高速化とあわせ、東京〜札幌間の所要時間短縮の切り札と期待されています。

Source:NTTドコモ