docomo esports
docomo

NTTドコモがeスポーツ事業への取り組みを本格化し、2021年2月からeスポーツのプロリーグを運営開始すると発表しました。

まず世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始。新リーグとしてプロ契約を行った選手に参戦してもらい、年間を通じて試合を開催するとしています。

16チーム(1チーム5名以上、7名まで登録可能)で年間100試合を予定しており、試合形式は1チーム4人のSQUADになるとのこと。

なお同リーグは2021年2月~4月のフェーズ1と2021年7月~9月のフェーズ2に分けられており、優勝チームは世界大会へ出場可能です。また、シーズンの賞金総額は3億円。賞金とは別に、プロ選手に対して年俸350万円以上を保証します。

合わせてこの新リーグ発足にあたり、リーグに参加する法人チームの募集も行っています。

このほか、 Riot Gamesと協力し、2021年にLeague of Legends: Wild Riftの大会も開催するとしています。

日本でも人気が高まっているeスポーツですが、2019年から2022年で約2倍の市場規模に成長するとの予想もあります。ドコモとしては、5Gを活用したVRやAR、高速大容量な通信により、eスポーツ産業を盛り上げていく考えです。

source: NTTドコモ