GOOD EAT CLUB
▲グッドイートカンパニー代表取締役CEO楠本修二郎氏(写真=左)、NTTドコモ常務執行役員森健一氏(写真=右)

WIRED CAFE などを運営するカフェ・カンパニーが設立したグッドイートカンパニーとNTTドコモは資本業務提携を締結し、食体験の開発や販売を行う新たなECサイト「GOOD EAT CLUB」のβ版を開設しました。

GOOD EAT CLUB は、日本中で食を探求しているフードセレクターである「Tabebito」がおすすめする商品やお店に対する推薦を特集記事で読むことができ、その背景や思いを知ったうえで商品を購入できるECサイトです。

Tabebito には、お笑い芸人の又吉直樹さん、「OAD」世界のトップレストランのNo.1レビュアー・浜田岳文さん、ワイン漫画『神の雫』の原作者・亜樹直さん、4万5000個以上ものアイスを食べ歩いてきたアイス評論家のシズリーナ荒井さんなどを含む計10人が名を連ね、40記事を紹介しています。

GOOD EAT CLUB
▲2021年1月21日時点では、Tabebitoに計10人が名を連ね、40特集記事を紹介するとともに全81品目を販売している

両社は GOOD EAT CLUB を「エモーション・コマース」と表現し、ただ商品を買うだけでなく、商品の販売とコミュニティを通じて出店されているお店と顧客をつなぐ「マーケット&ファンクラブ」であることを強調します。こうした仕組みにより、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている、飲食店や生産者への支援にもつながるといいます。

利用には会員登録が必要となりますが、特集記事や商品の閲覧については無料です。取り扱う商品の価格帯は税抜き300〜2万円で、別途、送料がかかります。すでに全81品目を注文できる状態ですが、発送は1月26日以降を予定します。

両社によれば、現在はβ版としてのローンチですが、2021年春頃の本格ローンチ時をめどに、リアルな場を活用した参加型プロフラムや新しい食体験の企画開発、オフラインコミュニティ事業の立ち上げなども予定しているとのこと。

また、2月後半~3月をめどに GOOD EAT CLUB へd払いを導入するほか、オフラインコミュニティ事業の立ち上げにあわせて、リアル店舗へdポイントを導入するとしています。


各社の具体的な役割

<NTTドコモ>

  1. 7800万人以上の会員基盤やd系メディアを活用した送客

  2. dポイント/d払いなどのサービス提供

  3. ドコモ既存出資先とのビジネス連携実現支援

<グッドイートカンパニー>

  1. コマース事業の企画・運営

  2. オンラインとオフラインの店舗コミュニティの創造

  3. 飲食店のプロデュース/DX支援の企画・運営

<カフェ・カンパニー>

  1. 商品化のプロデュース、出店者サポート

  2. 店舗オペレーション効率化を実現するソリューションの提供

  3. 飲食店経営の最適化支援

  4. ECと連動する店舗メニュー開発

  5. オフラインコミュニティ事業の運営


source:グッドイートカンパニー(PR TIMES)