docomo shutoko drone

NTTドコモと首都高技術は、大型ドローンと小型ドローンを併用して、くまなく橋梁を点検する手法を確立しました。足場が組みづらい橋梁の点検作業の効率化をはかる考えです。

両社によると、都市高速道路の橋梁は人口密集地帯かつ海上など離発着場所が限られる飛行環境のため、ドローンでの点検が難しかったそうです。

そこで確率したのが、LiDARやステレオカメラが備わる自律飛行型ドローン(自律制御システム研究所の ACSL-PF 2)と、上下6つの魚眼レンズで全方向の障害物を回避できる小型ドローン(Skydio 2)の併用。

2種類のドローンで撮影した画像と映像は、ドコモのドローンプラットフォーム「docomo sky」を用いることで、GPS情報の取得が困難な場所でも、撮影データと撮影場所をひもづけて管理できるとしています。

docomo shutoko drone
▲橋梁下であらかじめ設定されたルートを決められた速度で自律飛行する

docomo shutoko drone
▲約90cmの桁内部に入り込み、カメラの向きを上下180度まで変更できる。小型なので限られた点検スペースからの離発着が可能
docomo shutoko drone
▲ドローンで撮影した画像・動画は「docomo sky」で管理。静止画は飛行ルートに沿った形で表示をする手法を用い、動画は確認必要箇所にコメントを付与する機能を用いる


Source:首都高技術