Engadget

NTTドコモは1月11日、モーションキャプチャによって取得したモーションデータをリアルタイムに配信して3Dモデルに反映する技術を発表しました。

この技術は1月17日〜1月19日にオンラインで開催する「docomo Open House’22」でのウルトラマンとのコラボライブ配信や、Perfumeとタッグを組んで制作したVRコンテンツ「Perfume~Volumetric Video Performance~」などに利用されます。

これらのコンテンツは、「Virtual Event Platform」アプリダウンロードサイトにてアプリをダウンロ―ドすることで体験可能です。

「Virtual Event Platform」アプリダウンロードサイト

Engadget

「ウルトラマン リアルタイムモーションキャプチャラボ」ではドコモのXRコンテンツ制作スタジオ「docomo XR Studio」と接続してアクターがバーチャルヒーローに変身し、怪獣たちとライブデモを実施します。「VIRTUAL TOKYO」では、バーチャルヒーロー&ウルトラマンVSゼットンの大迫力の戦いを自由視点で視聴できます。

「Perfume Volumetric Video Performance」では、完全自由視点映像でPerfumeのダンスパフォーマンスを楽しめます。

Engadget

今回発表された技術では、モーションキャプチャシステムを用いて取得したモーションデータをVR空間上の3Dモデルにリアルタイムに反映するため、ライブ配信と自由視点での視聴が可能です。

モーションデータのみをリアルタイムに配信するため、最小限のデータだけで3Dモデルによるライブ配信が可能となります。さらに、多人数のモデルのモーションデータを同時に配信することもできます。

また、映像配信の分野で広く使われている配信技術を利用しているため、専用の配信環境を用意する必要がないことも特徴です。CDN(大容量のデジタルコンテンツをインターネット上で大量配信するためのネットワーク)を活用することで、低コストでの大規模配信が可能としています。

source:ドコモ