ドコモ口座の不正利用、被害額2542万円に拡大

新たに十六銀行や池田泉州銀行を含む22行でチャージを停止

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月14日, 午後 01:32 in Services
0シェア
FacebookTwitter
docomo

電子決済サービス「ドコモ口座」を通じて銀行預金が不正に引き出されている問題について、NTTドコモは、9月14日0時時点で、被害総額が2542万円に達したと発表しました。

ドコモ口座は、連携した銀行口座やコンビニなどから入金することで、ECサイトでの支払いやユーザー同士で送金ができるサービスです。

NTTドコモによると、これまでに銀行を通じて確認されている被害件数は120件で、新たに十六銀行や池田泉州銀行を含む22行でチャージを停止しました。また、チャージを停止していない銀行においては、不正利用が確認されていません。

不正利用の対策として、銀行口座登録時だけでなく、銀行口座を登録済みの人にも、改めてeKYC(オンライン本人確認システム)による本人確認を実施するほか、被害者に対して各銀行と連携しながら全額を補償する方針です。

docomo
docomo

(更新終了:2020/9/14 14:17)


関連記事:


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Services, payments, docomokouza, Payment, cashless, docomo, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents