engadget

ドローンを使った買い物サービス「ゆうあいマーケット」の本格運用が、長野県伊那市の中山間集落で始まりました。

この「ゆうあいマーケット」は、KDDIと伊那市、伊那ケーブルビジョンが共同で運営するもの。自治体が運営主体となったドローン配送の本格提供は国内初となります。

利用者はケーブルテレビのリモコンで商品を注文します。すると、地域配送拠点から配送用ドローンが自律飛行し、中山間集落の最寄りの公民館まで商品を届けます。代金はケーブルテレビの料金と合算して支払えます。

配送用ドローンは、KDDIのモバイルネットワークに対応し、目視外自律飛行や遠隔監視制御が可能。日用品など最大5kgを積載し、約7km離れた地点へ配送します。ドローンに載りきらない分は、自動車による陸送も実施します。

南アルプスや中央アプルスの山々に囲まれた伊那市は、中山間地域の高齢世帯を中心に買い物難民が増加しています。ドローンを活用し、買い物難民の支援と地域経済の振興に繋げる狙いがあります。

Source:KDDI