パカッと割る快感、スピーカーになる完全分離イヤホン「Duolink」

うっとりします

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年10月10日, 午前 10:30 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter

MPOW JAPANはGREEN FUNDINGにて「Duolink」のプロジェクトを展開しています。価格は1万8480円ですが、20%OFFなどの早割価格で購入できます。プロジェクト期間は2020年12月22日23:59 までです。

Duolinkは完全ワイヤレスイヤホンのケースがスピーカーとして利用でき、「完全ワイヤレスイヤホン」「ステレオスピーカー」「スピーカー」の3つのモードで音楽を楽しめます。また、どのモードでもIP54等級の防塵防滴性能を有しているので、オフィスでもプールでも活用できるでしょう。

短い期間ですがDuolinkを試してみたのですが、イヤホンモードは明瞭感があって聴き疲れしないチューニング。ただ、意図しない「再生・停止」を呼び込むタッチセンサーは個人的にはマイナスポイントでした。

Duolinkの注目ポイントであるケースのスピーカー。1つにまとまった状態の「パーティーモード」は、出力が6Wということで「大迫力」という体験は得られませんでしたが、しっかりとコンテンツを楽しむというよりも作業中のBGMなどを流すぶんには十分機能するでしょう。

また、スピーカー部が2つに分かれる「ステレオモード」は最大6.7mまで離すことができます。デスクワーク時にPCの両脇に設置するのがおすすめです。

個々の実力には物足りなさを感じるものの、このケースがスピーカーになるという機構こそが最大の魅力。ガジェット好きであれば、スピーカーをパカッと2つに割ってイヤホンを取り出す行為にうっとりすること間違いないでしょう。

▲カラーはWhiteとNavy Blueの2色です。

■スペック

チップセット:BES2300iz

Bluetooth Version:Ver.5.0

対応コーデック:SBC,AAC

スピーカー出力:6W (片側3W)

再生周波数帯域:20 - 20,000Hz

再生時間:6時間(イヤホン)、 6時間(スピーカー)スピーカー部を充電ケースとして使用した場合、 最大7.5回満充電が可能

充電時間:1.5時間

寸法:W97mm x D97mm x H37mm

総重量:212g

充電端子:USB Type-C


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget, headphones, av, news, gear
0シェア
FacebookTwitter