日本初の顔認証で買える自販機、ダイドードリンコが開発

工場やオフィス向け。お財布を取りに戻らなくても買えます

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年07月6日, 午後 04:00 in Vending machine
0シェア
FacebookTwitter
ダイドードリンコ 顔認証自販機
ダイドードリンコ/NEC

ダイドードリンコは、顔認証で購入できる自動販売機を開発しました。NECの顔認証技術を利用したもので、顔認証でドリンクを購入できる自販機は日本初としています。

この自販機は実証実験として、ダイドードリンコやNECのオフィスや工場に7月3日から約3か月間設置。社員が手ぶらでドリンクを買えるようにします。

自販機を利用するには事前の登録が必要で、専用のスマホアプリにクレジットカードや顔の写真を登録し、パスコードを取得します。その後、自販機で最初に購入する際に顔認証とパスコードで認証することで、顔認証での決済が可能になります。一度スマホに決済情報と顔写真を登録してしまえば、以降は手ぶらでもドリンクを購入できる仕組みです。

ダイドードリンコ 顔認証自販機
ダイドードリンコ/NEC

ダイドードリンコは、顔認証決済でドリンクを買えることで、オフィスや工場で財布やスマホを持ち歩かずに済む「便利さ」や「快適な環境」が実現できると説明。たとえば手回り品の持ち込みが禁止されている工場などで、休憩時間にドリンクを買うときに、わざわざ私物のスマホや財布を取りに戻る必要がないといった利点を挙げています。

同社は2021年以降には工場やオフィス向けの導入を目指す考え。また、現在はタッチパネルでパスコードを入力するなど手での操作が必要ですが、将来的にはタッチ操作をなくして顔だけで操作できるようにするなど、自販機をなるべく触らずに使えるような新たな操作体系も検討しています。

ダイドードリンコ

NEC:プレスリリース

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Vending machine, Dydo, face recognition, smartphone, Cashless, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents