速報:ダイソンのコードレス掃除機が刷新、25%軽量化も吸引力そのまま

日本の住環境のために開発

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月22日, 午前 11:50 in news
0シェア
FacebookTwitter

ダイソンは、吸引力をそのままに従来モデル比で25%軽量化した「Dyson Digital Slimコードレスクリーナー」を発表しました。家電量販店や直販サイトで本日(6月22日)発売します。本体価格は税込6万4900円〜。

「Dyson Digital Slimコードレスクリーナー」は、前モデルの「Dyson V11」比で25%軽い、重さ1.9kgを実現したコードレス掃除機です。「Dyson V11」から全体設計を見直し、シールやリベット、機構の厚みなどを削減したことで、吸引力を変えずに軽量化を実現しています。

また、本体も20%小型化しており、パイプ部分は6.3mm細く、かつ短くなったショートパイプを採用することで、長さも15%短くなっています。加えて、グリップのハンドルを小型化し、手の小さい人も快適に握れるように改良。トリガーの形状も曲線とし、指の快適性を高めています。

ダイソンによると、同クリーナーは『日本の住環境のために開発した』としていて、小型軽量化した本体も『日本人の平均身長を考慮したもの』と説明しています。

▲「Dyson V11」比で小型軽量化を実現

持ち手の部分には液晶ディスプレイも搭載。バッテリー残量を秒単位でリアルタイム表示するほか、現在の吸引モードも変えられます。また、フィルターのメンテナンス時期や、異物の詰まりといったトラブルを通知できます。バッテリー持続時間はエコモードが約40分、中モードが25分、強モードが5分です。

▲持ち手の部分にある液晶画面で、バッテリー残量が秒単位でわかる

▲上位モデルでは、LED照明で暗闇のホコリも取り除けるヘッドが付属

▲充電ドックは2種類を用意

なお、従来モデルの「Dyson V11」も併売します。新発表の「Dyson Digital Slimコードレスクリーナー」に比べると、重量が大きく(2.68kg)、サイズも大きいものの、エコモードで最大60分と長い運転時間、カーペットの掃除に最適化した「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が付属する点などが異なります。

Source:ダイソン

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter