Xbox Game Pass
Xbox Game Pass
EA / Microsoft

マイクロソフトのゲーム定額サービス Xbox Game Pass for PCで、EAのサービスであるEA Playも利用できるようになります。

3月19日から追加費用なしで遊べるのは、ジェダイ:フォールンオーダーやバトルフロントなどスター・ウォーズ系ゲーム、FIFAやマッデンなどEA Sportsのスポーツゲーム、バトルフィールドやタイタンフォール、ニード・フォー・スピード等の人気シリーズを含む約60本。

さらにスター・ウォーズ:スコードロンも定額のEA Playに加わり、ゲームパス加入者ならPCでもXboxでも遊べるようになります。

Star Wars Squadrons
Star Wars Squadrons
Star Wars / EA

EA Playは大手ゲームパブリッシャーElectronic Arts(EA)が展開するゲームのサブスクリプション制サービス。料金は月額約500円または年額3000円ほど。

マイクロソフトは昨年秋の新型Xbox価格公表にあわせ、Xbox Game Pass Ultimateまたはfor PC加入者ならば追加費用なしでEA Playの加入権も得られる施策を発表していました。当初は年末に提供予定であったのがPC版はやや遅れ、3月18日(日本時間19日)からの提供になります。

XboxゲームパスにEA Playが追加。追加費用なしで60本以上が利用可能に

Xbox Game PassのEA Play追加は、ゲームパスのカタログに直接EA作品が加わるというよりも、別サービスのEA Playにも加入できると考えたほうが分かりやすい仕組みになっています。

このため、遊び放題ゲーム以外のEA Play加入者特典も利用可能。発売前や、まだ遊び放題になっていないゲームを10時間まで試して、購入すればデータが引き継げる試遊や、ゲーム内デジタルコンテンツ購入の割引など。

EA Play
EA Play
EA

Xbox本体の場合はほぼ何も考えず一覧からインストールできますが、PCの場合はXboxアプリのゲームパス対象タイトルからEA Play作品を選ぶと、まずEAのPC向けランチャーアプリ EA Desktopを落として、EAアカウントでログインしてインストールできるようになる流れ。

PC版EA PlayはXbox本体では遊べないPCゲームが多数含まれているため、Xboxで遊んでいるゲームパス加入者もチェックする価値があります。

Xbox Game Pass本体のほうも、先日のベセスダのようにマイクロソフトが傘下スタジオを強化するたびタイトルが増えているため、むしろ Xboxは買う気がまったくないPCゲーマー向けの価値もますます上がってきました。

Source:Xbox Wire