「人工肺ECMO」のトレーニングVR発表。体験学習で早期の習熟を目指す

機材は充実していても扱える人が少ない

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年06月17日, 午前 06:00 in ECMO
0シェア
FacebookTwitter
ジョリーグッド

2020年6月16日、VR開発企業の株式会社ジョリーグッドは、人工心肺ECMOの教育組織「日本COVID-19対策ECMOnet」と共同で、「ECMOトレーニングVR」を開発したと発表しました。

人工心肺ECMO(Extracorporeal Membranous Oxygenation)は、新型コロナウイルスの重症患者の治療に有効とされています。新型コロナウイルス感染症の蔓延を受けて各病院に配備できるよう量産が進められていますが、この中で、肝心の「ECMOを扱える医療従事者」が少ないことがネックとなっています。

機器の習熟には実際の症例を経験することが求められますが、そもそもECMOを使用するような症例は年に数回しかありません。従って、習熟に長い年月が必要となり、ECMOが扱える医療従事者がなかなか育たない状況が続いています。しかし、新型コロナウイルスの蔓延によってECMOの需要が高まったことから、今回「シミュレータによる模擬手術」をVRで体験できるトレーニングシステムが開発されました。

ジョリーグッド

本VRでは医師目線で現場を体験できるため、機器の扱い方や人工肺に切り替えるタイミングなど「実際に経験しないと分からないこと」が理解できます。サポートする看護士の動きも確認できるのも、VRならではの利点です。また、こうした「実際には年に数回しかない現場」をVRなら繰り返し何度も臨床体験できます。そのため、従来よりも短い期間で習熟することが可能となります。

今回は「人工心肺ECMO」ですが、同じように数少ない症例の手術や特殊な医療機器の使用方法がVRで学べるようになれば、さらに医療技術が発展するかもしれません。医療分野でのVR活用の今後に期待です。

Source:Jolly Good Inc.

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ECMO, VR, COVID-19, 新型コロナウイルス, 株式会社ジョリーグッド, news, gear
0シェア
FacebookTwitter