Electric Kickboard

近年、Luupをはじめとする電動キックボードのシェアリングサービスが海外だけでなく日本でも都市部を中心に展開されています。ラストワンマイルを担う存在として関心が集まる一方で、充電池の大容量化や人の巡回による充電池の交換などによる、機体コストの高価格化や人件費の増加が課題とされています。

こうした課題解決に向け、大林組と古河電気工業がLuup協力のもと、電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発し、実証試験を始めたと発表しました。

今回2社が開発した電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムは古河電工の樹脂製ケーブルトラフ「グリーントラフ」に収納した送電装置、受電機を搭載した電動キックボード、および電源ボックスで構成されており、キックボードが送電装置の上に駐機することで自動的に充電が開始されます。

Electric Kickboard

なお、同システムには2枚の電極板に交流を印加して発生した電界を介して電力伝送を行う方式を採用。磁界による導体内での渦電流の発生に伴う発熱が起こらないことから、金属異物を加熱しにくいという特徴があり、また電極をアルミ板などで構成できるため軽量化が可能で、加工しやすいとされています。

これにより、人が巡回して行っていた充電池の交換作業だけでなく、回収した電池の充電作業を軽減でき、充電管理にかかる運用コストの縮減につながるほか、電池搭載量低減による機体コストの削減や、軽量化に伴う燃費(電費)向上などが見込めるとのことです。

実証実験は大林組技術研究所(東京都清瀬市)にて2022年3月まで行われ、2025年度の製品化に向けて検討されます。


Source:大林組 , 古河電気工業