Engadget
Engadget Japan

記事内の太文字や画像をタップするとECサイトに移ることができます。

ニューノーマル時代に重要性が急上昇しているのが、ステイホームを充実させる調理家電です。その中で最も使用頻度が高いのが「電子レンジ」でしょう。シンプルに食品を温められるだけでなく、オーブン機能、さらには「ノンフライ調理」なども可能な過熱水蒸気調理も可能なオーブンレンジの中から、Amazonで購入できる5万円前後のモデルを紹介しましょう。

コンパクトで1~2人向け 日立「ヘルシーシェフ MRO-S7Y」

Engadget

「ヘルシーシェフ MRO-S7Y」は3万5480円にて販売されています。過熱水蒸気オーブンレンジと一口に言っても、低価格モデルの場合は「角皿式」や「スチームカップ式」など、調理のたびに水をセットする必要があるモデルが中心で、専用タンクに水をセットして使う「タンク式」は少なめ。そんな中で、低価格帯ながら本格派のタンク式が充実するのが日立のヘルシーシェフシリーズです。総庫内容量22Lのコンパクトなモデルで、一人暮らしや夫婦2人暮らしにピッタリ。上部はヒーターが露出していないフラット天面で、側面・背面は汚れが落ちやすいシリコン系塗装を採用。外して丸洗いできるテーブルプレートなど、手入れのしやすさも魅力です。トースト機能も搭載しており、1~2枚で約9分で焼けます(裏返しが必要)。レシピ集は本体ドアの2次元コードからスマホでアクセスできるなど、細かい使い勝手の良さも魅力です。

ヘルシーシェフ MRO-S7Y(Amazon)

容量31Lの本格派 日立「ヘルシーシェフ MRO-S8Y」

Engadget

「ヘルシーシェフ MRO-S8Y」は4万5787円にて販売されています。MRO-S7Yと同じシリーズで、こちらは総庫内容量31Lのファミリー向け大容量モデルです。3~4人用の主菜を一気に作るのには向いていますが、トースト2枚を焼くのに23分かかる(手動予熱あり、途中で裏返し)ため、ちょっとした料理を作るのにはMRO-S7Yの方が向いています。外して丸洗いできるテーブルプレートはMRO-S7Yと同等ですが、汚れを見つけやすい明るい色のシリコン系塗装が施されており、庫内が明るいのが大きな違いです。重さの近いおかずを2品同時に温める機能も備えています。

ヘルシーシェフ MRO-S8Y(Amazon)

2段調理も可能! グリル皿が便利なパナソニック「NE-BS607」

Engadget

「NE-BS607」は5万2585円にて販売されています。予算を5万円に設定すると少し超えてしまうものの、日立の「ヘルシーシェフ」と同様に同社のプレミアムオーブンレンジ「ビストロ」ブランドを冠したモデルの中でリーズナブルなモデルという位置付けになっています。容量は26Lと3~4人分なら十分に調理できるサイズで、裏返さなくても両面をこんがり焼ける「ビストログリル皿」が付属するのが魅力。上部は遠赤ヒーターでこんがりと焼き上げ、下部はレンジ加熱のマイクロ波を吸収したビストログリル皿が焼き上げる仕組みになっています。さらに、この価格帯ではなかなかない「2段同時調理」を搭載しているのも魅力。上段で焼き物(遠赤ヒーターのグリル調理)、下段で煮物や汁物(電子レンジ調理)ができるため、調理時間をしっかりと短縮できます。食品の中央部分から穏やかにムラを抑えて解凍することで、中までしっかり解凍できる「芯までほぐせる解凍」も魅力の機能です。

NE-BS607(Amazon)

過熱水蒸気調理が売りのシャープ「ヘルシオ AX-CA600」

Engadget

「ヘルシオ AX-CA600」は5万1700円にて販売されています。こちらも若干5万円を超えてしまうものの、過熱水蒸気を使って「水で焼く」ことでヘルシーな食事を作れることで人気の「ヘルシオ」シリーズのコンパクトモデル(総庫内容量18L)です。肉と野菜、魚介と野菜など、お好みの食材を角皿に載せるだけで一度に調理してくれる「カンタン焼き」と「カンタン蒸し」機能が便利。火加減や加熱時間が違う食材でも同じような焼き具合・蒸し具合にしてくれるので、火を通してからソースをかけたり、つけダレを付けたりするだけでカンタンに1品を作れます。天ぷらなど買ってきた総菜を過熱水蒸気で温めることで、余分な油を落としてサックリと仕上げてくれる「サックリあたため」なども、総菜や作り置き食材などをよりおいしく食べたいという人にピッタリです。

ヘルシオ AX-CA600(Amazon)

手軽にパン作りもできる東芝「石窯ドーム ER-VD100」

Engadget

「石窯ドーム ER-VD100」は4万6950円にて販売されています。上部がドーム型になった石窯ドーム構造で、上部のドームヒーターと下部のシーズヒーター(埋め込み)の上下ヒーター式を採用する容量31Lのスタンダードモデル。手軽に1品作れる「おつまみ1分」や3分・5分・7分で作れる「スピードメニュー」、時間がかかる低温調理を素早く作れる「スピード低温調理」など、108個の全自動メニューを搭載。石窯ドームシリーズはパン作りなどをする人に人気のシリーズですが、パン生地をこねずに混ぜるだけでパン生地作りができ、発酵から焼き上げまで手軽に行える「お手軽パン」メニューなども用意しています。お急ぎ解凍、スチーム全解凍、さしみ・半解凍と、3つの解凍メニューも売りの1つです。

石窯ドーム ER-VD100(Amazon)

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。本記事のリンクからなにかを購入すると、編集部にアフェリエイト報酬が入ることがあります。セール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。