ASSOCIATED PRESS
ASSOCIATED PRESS

テスラ、SpaceXなどを率いるイーロン・マスク氏が、米Amazonのジェフ・ベゾスCEOを抜いて世界一の資産家になったと報じられました。マスク氏の資産は現在1850億ドル(約19兆円)を超えているとのこと。

CNBCによると、マスク氏の資産額は2020年の初頭には270億ドル(約2.8兆円)で、世界の資産家トップ50にかろうじてランクインするぐらいでしたが、この1年間で9倍以上に膨れ上がったテスラの株価がマスク氏の資産額を1500億ドル以上押し上げたとのこと。それにともないランキングも7月には投資家のウォーレン・バフェット氏を抜いて7位に上がり、11月にはマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏を抜き去って世界2位になっていました。

一方、2017年からトップの座を維持してきたベゾス氏は、Amazonの業績こそコロナ禍で好調ではあるものの、規制強化の動きが懸念され株価は低迷しています。

なお、テスラの株価は年明けから上昇を続けており、1月7日には816ドルを突破、時価総額は7500億ドル(約79兆円)以上になりました。しかしAmazonの時価総額は1.6兆ドル(約166兆円)もあり、テスラを大きく上回っています。

source:CNBC