Engadget

リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン英語学習サービス「スタディサプリ ENGLISH」は4月から、学校向けに「スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース」の提供を開始します。学校向けの有料サービスで、 個人では申込めません。

「スタディサプリ ENGLISH」は 最短3分での学習などスキマ時間に効率的に利用できるのが特徴で、英語学習ニーズの高い社会人だけではなく、 全国の高校へも導入され多くの先生・生徒が利用しています。

今回発表された「スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース」は「一人ひとりが英語力を活用する」機会を増やすことを目標としたものです。朝学習での朝の10-20分や家庭学習での利用シーンを想定しています。

「スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース」特徴

1.中高生を主人公としたドラマ式レッスン

シナリオ制作会社が書き起こしたオリジナルストーリーを利用して、生徒の継続的な学習を実現します。

2. 全学年・様々なレベルに対応

レベル1から7に分かれ、 240レッスンを用意。学年ごとに取り組むレベルを分けて活用できる他、 同じ学年やクラスの中でも、 生徒の英語力の違いに応じて取り組むレベルを変えれば、 一人ひとりに最適化された学習を実現できます。

3. 幅広い、 高品質なトレーニングと学習機能

AIを用いた発話内容の自動評価機能により、 楽しみながら発話練習の機会を増やすことが可能です。 繰り返し学習を通じて、 使える英語表現が増え、 スピーキング力の向上につながります。

4. 有名ネイティブ講師を起用

NHK英会話タイムトライアル講師であるスティーブ・ソレイシィ先生による解説動画は、 英語における日本人の陥りやすいポイントをおさえ、 中学校で習う日常会話表現から抽象的な内容を英語で伝えるレベルまでどんどん力を伸ばせます。

5.生徒の学習を促す宿題配信機能と管理画面で、 先生の日頃の指導に活用

生徒の取組み状況がわかり、 課題配信機能を通じて学習を促進することができます。 また、 授業内の小テストや定期テストに活用可能な教材データ・チェックテストキットも利用できます。

 

関連リンク:スタディサプリ学校向けサービス