HPのお買い得モバイルがRyzen 4000Uで大強化。ENVY x360 13 2020年版は9万4800円から

最上位は今回も「手に入る人権モバイル」水準の価格

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2020年06月29日, 午後 05:10 in HP
0シェア
FacebookTwitter
ENVY x360 13

6月29日に日本HPが発表したPCの新製品群。その中で、Engadget読者(と筆者)の注目機種の一つとなりそうなのが、360度ヒンジ搭載の13.3インチモバイルノートPC『ENVY x360 13』2020年モデルです。

今世代はWeb直販専用モデルとなっており、販売開始予定は7月上旬以降、価格は9万4800円から(ですが、日本HPの直販は比較的割引き機会が多いだけに、良い意味で当てにならない可能性もあります)。

同シリーズは、HPの中でも、プレミアム級ながら比較的手頃な位置づけに属するENVY(エンヴィー)シリーズのモバイルノートPC。

中でもx360 13シリーズは、モバイルと呼べる13.3インチフルHD液晶のサイズ感に1.2kg台の重量、APU(GPU搭載CPU)にAMD製Ryzenシリーズ(TDP 15W版)を採用する点、そしてセール時にはモバイルノートPCの中でも白眉的な価格となる点で、ヘビーユーザーから注目を受ける機種です。

とくに現行(2019年モデル)では、Ryzen 7 3700U/RAM 16GB/NVMe SSD 512GBという構成でも、セール時には9万円(税別)という価格を付けたことから、一部ユーザーの間では「手に入る価格の人権(=RAM 16GB搭載)モバイルノート」としても知られています

参考記事:

Ryzen 3/8GB/256GBで6万2000円。HPの白磁器色モバイルPCが週末特価に (2019年12月)


さて、今回発表された2020年モデルの特徴は、CPU性能が大幅に強化されて処理速度がアップ。さらにアイドル時消費電力が低減された点と、液晶画面が4辺ナローベゼル化された点です。

ENVY x360 13
▲今回発売される3グレードの価格と主要仕様(日本HPの販売ページより)。最上位モデルの強化点が大きく、お買い得感が高いのがポイント

CPU性能に関しては、搭載モデルが待望のRyzen 4000Uシリーズ(=いわゆる第3世代、「Zen 2」CPUコア搭載版)となった点に起因するもの。

最上位構成『パフォーマンスモデル』に採用された8コア8スレッドの『Ryzen 7 4700U』にはじまり、中位構成『スタンダードモデル』で6コア6スレッドの『Ryzen 5 4500U』を搭載。廉価構成『ベーシックモデル』でも4コア4スレッド『Ryzen 3 4300U』を採用します。

また、バッテリー駆動時間もRyzen 4000Uの効果により、公称で最長17時間まで延長。2019年モデルでは最長14時間30分であったため、かなりの延長となります。

なお、2019年モデルの実測では、Ryzen 5搭載構成『スタンダードモデル』の軽負荷時(BBenchでのWeb巡回、50%輝度)で約14.2時間と、比較的公称値に近い値が出ています。このため2020年モデルも、相応の駆動時間延長が期待できます。

ENVY x360 13
▲4辺ナローベゼル化により、360度回転ヒンジ搭載モデルならではのテントモードなどでも見た目がスッキリ

もう一つの特徴である4辺ナローベゼル設計では、2019年モデルでは若干太かった底面側ベゼルを縮小。天側と左右は2019年モデルでもかなり狭めでしたが、それゆえに状況によっては若干目立っていた底面側が大きく削られ、上位機『Spectre x360』シリーズにも見劣りしない細ベゼルとなっています。

合わせて重量も最軽量では1.2kgからと、ナローベゼルによる底面積の縮小により若干ながら軽量化されているのも見逃せないポイントです(2019年モデルでは1.28kgからでした)。

ENVY x360 13
▲別売(税別9800円)の専用ペン『HP MPPアクティブペン』によるペン入力にも対応。発表会では、アドビから「Adobe Fresco対応認定を進めている」とのコメントもありました(リモートでの製品発表会映像)

本体はシリーズ伝統のアルミニウム削り出しボディを継承。本体カラーもシリーズ共通のテーマカラーとなる『ナイトフォールブラック』です(2019年モデルで用意されたホワイトやウッドエディションが気になるところですが)。

細かな仕上げも2019年モデル同様に、良い意味で価格を感じさせないものとなっています。また細かなところでは、無線LANが全モデルWi-Fi 6となっている点も注目できるところでしょう。


ENVY x360 13
▲本体カラーはシリーズ伝統の『ナイトフォールブラック』仕上げ。天板のHPロゴもプレミアムモデル用のデザインです

このようにENVY x360 13 2020年モデルは、現行モデルで評価の高いコストパフォーマンスを受け継ぎつつも、ナローベゼル化をさらに進めたことによる底面積縮小+軽量化、そしてRyzenの世代交代による処理速度向上+バッテリー駆動時間延長と、全面的なパワーアップがなされたモデル。

とくに最上位となる『パフォーマンスモデル』は、12万9800円(税抜)でありながら、8コア版のRyzen 7 4700UにRAM 16GB、SSD 512GB(もちろんPCIe接続/NVMeです)といった構成と、今回もヘビーユーザーのツボを突くお買い得度となっています。

APUがRyzen 4800U(8コア16スレッド版)ではない点や、画面解像度の高いモデルが用意されない(全グレードでフルHDです)点が若干残念ですが、それゆえにそして非セール時の価格水準も、2019年モデルと同等なのは嬉しいところ。これは筆者の勝手な予測ですが、ともすれば2020年モデルも、セール時などでは2019年版と同じく「パフォーマンスモデル10万円切り」も期待できそうです。

Source:日本HP 販売ページ

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: HP, notepc, note pc, laptops, envyx360, hp envy, Ryzen, amd ryzen, news, gear
0シェア
FacebookTwitter