nreal
VCG via Getty Images

現在、AppleとApp Storeの30%手数料をめぐり、法廷で争っているEpic Gamesですが、新たに中国のスマートグラスメーカーNrealを商標侵害で提訴しました。Nrealが使用している「NREAL」という商標が、Epic Gamesの持つゲームエンジンUnreal Engineの「UNREAL」ブランドと見た目も発音もほぼ同じであり、故意に商標を侵害しているという内容です。

中国Nrealは、日本でもKDDIからスマートグラスNreal Lightを発売しており、米国でもまもなく発売予定としています。

単なる偶然であり、Epicの言いがかりではとも思えますが、Nrealはその開発者サイトでUnreal Engine対応をうたっており、UNREALの商標についてよく知っていたはず。そして、Epic Gamesも2017年にUnreal Engineで作られたVRゲームであるロボリコールをリリースしており、同じサービス分野で、UNREALと同じ発音のNREALは消費者を混乱させるというのがEpic Games側の主張です。

両社は数年前からUnrealの名称を巡って争っており、和解に向けて話し合いを続けていたものの合意にはいたらなかっために提訴したとのことです。Epicは、Nrealに商標の取り下げと損害賠償を求めています。

なお、Nrealの創設者は、元Magic Leapの従業員。Magic Leapは、同社のMR関連の機密情報を盗んでNrealを立ち上げたと訴えていましたが、こちらの請求は棄却されています。

Source: United States Courts(PDF)