ゲーミングオーディオでトップに。EPOSがグローバルゲーミングキャンペーンを開始

年内には独自ブランド製品も

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月8日, 午後 01:50 in av
0シェア
FacebookTwitter
EPOS
EPOS

新興オーディオ機器メーカーのEPOSが、「別世界へと導くゲーミングオーディオ」をテーマにグローバルマーケティングキャンペーンを展開すると発表しました。アカデミー賞受賞歴を持つデンマーク人のアンダース・ウォルター監督による短編フィルムを皮切りに、その撮影秘話やメイキング映像の公開など、メディアを通じて大規模なPR活動を実施するとしています。

EPOSは2019年に設立された新興メーカーとはいえ、オーディオ業界大手のDemantとSennheiser electronicの合弁会社であるSennheiser Communicationsを基にしています。

2018年の合弁解消に伴い、Sennheiser Communicationsが扱っていたエンタープライズソリューションとゲーミングヘッドセット事業を引き受ける形で、Demantグループ内の新規事業として設立されたのがEPOSです。

Sennheiser Communicationsのゲーミング製品を「EPOS | SENNHEISER」という共同ブランドで扱っていく一方、2020年10月には、EPOS単独のゲーミング製品もリリース予定とのことです。

EPOSのJeppe Dalberg-Larsen(イェッペ・ダルベーグ=ラーセン)社長は、「ゲーミング向けのプレミアムオーディオソリューションのなかでトップの座を勝ち取るという強い決意のもと、当社は、限界を打ち破ることを望むあらゆるゲーマーの心をつかみ、”Power of Audio”によって彼らの可能性を解き放っていきたいと考えています」とゲーミングオーディオ業界で存在感を示すことに意欲を見せています。

EPOSはすでに、いくつかのeスポーツプロチームとの提携も発表済み。今後、ゲーミングオーディオ分野で名前を見聞きする機会が増えていくかもしれません。

source: PR Times, EPOS

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: av, game, headphones, zennheiser, demant, epos, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents