カートリッジの着脱が楽になったEZ135の上位互換モデル「EZFlyer」:スイートメモリーズ File036

ドライブから着脱レバーがなくなりました

宮里圭介(Keisuke Miyasato)
宮里圭介(Keisuke Miyasato), @miyasa
2020年10月19日, 午前 08:00 in sweetmemories
0シェア
FacebookTwitter

[名称] EZFlyer
[種類] HDD
[記録方法] 磁気記録
[サイズ] 約95mm(実測)
[容量] 230MB
[登場年] 1996年頃~

今や淘汰された懐かしの記録メディアたちに光を当てるこの連載企画では、ゆるっと集めているリムーバブルメディア・ドライブをふわっとご紹介していきます。

連載:スイートメモリーズ

「EZFlyer」は、SyQuest社が開発した3.5インチリムーバブルHDDのひとつ。Zipの対抗として低価格で投入されたEZ135の後継モデルで、容量が135MBから230MBへとアップしているのが特長です。もちろんこちらも、個人向けとなります。

EZ135

EZFlyerのドライブでは、EZ135のカートリッジが利用できる上位互換性があり、新規利用者の開拓はもちろん、従来ユーザーのアップグレード用としても魅力的なモデルとなっていました。

当然ながら、カートリッジそのものはEZ135とソックリで、サイズも同じ。容量以外の差は見当たらず、試しにEZ135のドライブにEZFlyerのカートリッジを入れてみたら、そのままセットできてしまいました。使えないカートリッジが入ってしまうのは、さすがにどうなんでしょう……。

EZFlyerであることがわかるのは、表面のラベルくらい。2種類のカートリッジを並べてにらめっこした結果、裏面の中央、モーターと接続されるハブの奥がEZFlyerは緑、EZ135は青に塗られていることに気づきました。

▲左がEZFlyerで、右がEZ135。

見分け方が分かったと喜んだのも束の間、少ないながらも手持ちのカートリッジを片っ端から確認したところ、緑になっているEZ135カートリッジを発見してしまいました。見比べると多少青っぽいので判別はできそうですが、そもそも、EZ135のカートリッジは青緑~水色まで結構な幅があり、ここでだけで見分けるのは厳しそうです。元々は青だったものが、経年劣化で変色しただけかもしれませんが。

中のディスクを守るシャッターは、カートリッジの1面がガパッと開くタイプ。端の部分を細い棒状のもので押すと、簡単に開きます。

ちなみに、シャッターは閉まっていてもそこそこ隙間があり、ゴミやホコリは比較的入りやすい構造になっています。どちらかといえば、指がディスクに触れないようにしているという意味の方が大きそうですね。

EZ135からEZFlyerになってもカートリッジは変化ありませんが、実は、ドライブの方は大きく変わりました。これまでのSyQuest製品では当たり前だった、カートリッジの着脱レバーが廃止されたのです。

文字だけではわからないと思いますので、写真で紹介しましょう。まずは、EZ135のドライブから。カートリッジを挿入口から奥まで押し込んだ後、下にあるレバーを右に倒してセットする必要がありました。

カートリッジを取り出すときは、左のイジェクトボタンを押してレバーが途中まで戻るのを待ち、左に倒して引き抜く、という手順です。

これに対してEZFlyerは、セットするときはカバーを開いてカートリッジを押し込むだけ。取り出すときは、右下の緑色のイジェクトボタンを押すだけでよくなりました。

SyQuestの製品としては大きな変化ですが、ライバルとなるZipはもちろん、MOでも普通に実現されていたことですから、むしろ「ようやく」といったほうがいいかもしれません。

ちなみにこのEZFlyerのドライブは、メディアが入っているのを確認できる窓があったり、SCSIボード不要で使えるパラレル接続モデルがあったりと、あからさまにZipに寄せてきていました。

価格もかなり頑張っていて、発売からしばらく経った1996年11月のPC Magを見ると、ドライブが290ドル前後で、カートリッジが29ドル前後で販売されていました。Zipはドライブが190ドル前後、カートリッジが19ドル前後ですから、十分勝負できる価格です。

ただし、Iomegaは高速で1GBという大容量のJazを先に投入しており、230MBのEZFlyerは少々影が薄くなってしまった印象です。

SyQuestはこの後、Jaz対抗として、1997年1月に1.5GBのSyJet、そして11月にはより低価格化した1.0GBのSparQを投入するわけですが、時代が光学メディアへと移行していったこともあり、力及ばず。1998年に破産となりました。

連載:スイートメモリーズ


参考:

米SyQuest Technology社が、EZFlyer230を発売, PC Watch, インプレス
サイクェスト、リムーバブルHDD「EZFlyer 230」のSCSI版を発売, PC Watch, インプレス
SyQuest EZFlyer, Museum of Obsolete Media
PC MAGAZINE NOVEMBER 5 1996, Google books


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sweetmemories, removable media, pc, storage, personalcomputing, personal computing, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents