Facebook AI
fizkes via Getty Images

Facebookは6月11日(現地時間)、写真に写った1単語のみから、そのテキストスタイルをコピーできるAI研究プロジェクト「TextStyleBrush」を発表しました。手書きの文字も認識し、そのスタイルを活かしたまま別の文字に置き換えが可能になります。

Facebookによると、TextStyleBrushは初の自己教師あり(self-supervised)AIだとのこと。従来のAI(機械学習)では、大量のデータを学習させる必要がありましたが、自己教師ありAIは、入力されたデータを基に自身でラベル付けを行うことが可能。これにより、画像中のたった1単語から、そのテキストスタイルをコピーできるとのことです。

これを利用することで、画像中の文字をそのスタイルを維持したまま、別の文字に置き換えることもできます。文字のスタイルを維持したまま、別の言語に翻訳した結果をAR表示したりといった応用が考えられています。

TextStyleBrush
Facebook

TextStyleBrushは、まだメタリックな素材や異なる色で書かれたテキストの認識に問題があるとのこと。ただ、研究結果を発表することで、ディープフェイクテキストによる攻撃に対し、先手を取りたいともしています。

別の人物の画像に入れ替え、あたかもその人が発言しているかのように見せるディープフェイクは度々問題になりますが、スタイルを維持したまま別の文字に置き換えられるTextStyleBrushは、文字のディープフェイクとも呼べるもの。この技術を公開することで、それを検出する研究も促したい考えです。

Source: Facebook