FacebookザッカーバーグCEO、App Storeの独禁法違反調査は「検討に値する」と発言

さすがに「調査すべき」と断言できなかったもよう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月10日, 午後 12:30 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Facebook co-founder, Chairman and CEO Mark Zuckerberg arrives to testify before the House Energy and Commerce Committee in the Rayburn House Office Building on Capitol Hill April 11, 2018 in Washington, DC. This is the second day of testimony before Congress by Zuckerberg, 33, after it was reported that 87 million Facebook users had their personal information harvested by Cambridge Analytica, a British political consulting firm linked to the Trump campaign.
Getty Images

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、アップルのApp Storeに対し反トラスト法違反の疑いで政府が調査すべきかどうかを問われ、肯定や否定はしなかったものの「検討するに値する」と発言しました。

本発言は、ニュースサイトAXIOSのインタビュー(米HBOのテレビ番組)で行われたもの。アップルが独占的と考えているかと尋ねられ「アプリの面で、携帯電話に入ってるものを一方的に制御している」と答えた文脈においてです。

ザッカーバーグ氏いわく「全世界には10億台以上のアップル製デバイスがあると思います。だからこそ、App Storeの管理や、それにより競争力のあるダイナミックな動きが可能になっているかどうかを調べる必要があります」とのこと。

その上で政府がApp Storeを調査すべきかと問われ「私は必ずしもそれに答えるべき人間ではないと思います……ただ(アップルの)行動の一部は確かに疑問を提起すると思います。そして、それが検討に値するものだと思います」と述べています。直接に答えることは避けながらも、政府の調査に前向きなことを強く示唆したかっこうです。

またザッカーバーグ氏は、App StoreとGoogle Playストアを対比。すなわちアプリがGoogle Playストアに登録されず、Googleが嫌がっていても配信する方法はあると指摘し「人々が何かを作り、望むユーザーがそれをデバイス上に取得できる手段があることが本当に重要だと思います」とのこと。すなわちサードパーティ製アプリストアが許されているAndroidよりも、アップルのiOSは独占の度合いが強いとほのめかしているもようです。

Facebookとアップルの対立は、最近iOS版「Facebook Gaming」アプリからのミニゲーム削除を余儀なくされたり、iOS 14の新機能で(自社を含む)アプリ開発者の広告収入が減る可能性を警告したりと、にわかに深まっています。

また先日はザッカーバーグ氏自らが社内の全体会議で、アップルのApp Storeが独占的で顧客にとって有害と批判した動画が公開されていました。同氏とアップルのティム・クックCEOがプライバシーの扱いをめぐって対立関係にあるのは公然のことで、今さら反感を隠すつもりもなさそうです。

とはいえFacebookも、アップルと同じく米政府の反トラスト法に基づく調査対象となっており、OculusデバイスにFacebookアカウントを紐付けを発表した際はユーザーから少なからず戸惑いの声が上がっていました。あまり大声でアップルを政府調査すべきというと自社にもはね返ってきかねないため、小声で言ったのかもしれません。

Source:AXIOS

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Facebook, appstore, zuckerberg, Mark Zuckerberg, antitrust, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents