Facebook
Facebook

Facebookは2021年4月にオーディオ関連の新機能を発表し、すでにLive Audio RoomsやSoundbitesなどのテストを開始しています。これにポッドキャストも含めたFacebookの音声関連機能に一つの場所からアクセスできるオーディオハブ機能をモバイルアプリに追加し、米国で提供を開始しました。

これらの機能、18歳以上の米国ユーザーがiOSとAndroidのアプリで利用できるもので、アプリのWatchタブ内にまとめられているとのことです。

これに合わせて、2021年6月に米国内の著名人やFacebookグループを対象にリリースされていたLive Audio Roomsのグローバル展開も発表されています。「検証済みのすべての公人とクリエイター」が利用可能になるとのことです。

また、ちょっとしたジョークや逸話、詩などを表現する短いオーディオクリップであるSoundbitesのテストも行われていますが、今後数週間でより多くの米国ユーザーに展開予定としています。

そんなオーディオコンテンツに力を入れるFacebookですが、それらについてもコミュニティ規定に違反するコンテンツを検出する技術に取り組んでいるとのことです。Facebookは現在、内部告発により利益優先の体質や誤情報を放置しているなどの指摘もされています。これ以上の疑惑を生まないためにも、こうした取り組みはFacebookにとって最重要課題となるのかもしれません。

Source: TechCrunch