Facebook
NurPhoto via Getty Images

Facebookは8月9日(現地時間)、Facebook内のデータを他のサービスに移行できるデータ転送ツールをアップデートし、新たにFacebookイベントのデータをGoogleカレンダーに転送できるようにしました。これにあわせて、写真や動画の転送先として米Photobucketが追加されています。

FacebookのプロダクトマネージャーHadi Michel氏によると、データ転送ツールをゼロから再構築し、よりシンプルで直感的になったとのことです。また、1つの転送先に対して、複数のデータ転送を同時に開始できるようになったともしています。

Facebookのデータ転送ツールは、Facebookのほか、Google、Microsoft、Twitter、Appleらが参画するオープンソースプロジェクト「Data Transfer Project(DTP)」を利用したもの。これまで、GoogleフォトやDropbox、Googleドキュメント、Blogger、Wordpressなどへのデータ転送をサポートしていました。

Facebookは今後も開発者と協力し、サポートするデータの種類と転送先を拡大してくとのこと。ただし、データの転送中および転送後の安全性を確保するため、異なるサービスにデータを転送する際の保護責任者を明確にするよう、規制を求めていくとしています。

こうした動きは、市場を独占しているとの反トラスト法違反への指摘をかわす狙いもありそうです。とはいえ、どのような思惑があるにしろ、利便性が上がるのはユーザーとしては歓迎したいところです。

Source: Facebook