Facebook Drives
Facebook

Facebookは11月23日(現地時間)、困窮者に食料や衣服、その他の生活必需品などを届けるホリデードライブ(歳末助け合い運動)を支援するための新機能「Drives」を米国でリリースしました。

コミュニティヘルプから支援を要請または提供を選ぶと利用でき、各支援要請にはクラウドファンディングの達成状況のように進捗グラフが表示されます。メッセンジャーを介して、支援要請を行った人に連絡も可能です。

このほか、Instagramでは、フィード内で非営利の募金活動を作成し共有する新しい方法のテストが開始されるとのこと。なお、FacebookとInstagramでは、非営利団体のために集められた寄付は100%各団体に送られるとしています。また、Facebookは12月1日のGivingTuesday(寄付の日)に、700万ドル(約7億3000万円)を限度額に、ユーザーが行った寄付と同額を非営利団体に寄付するとのことです。

いまのところ、Drivesは米国でのみ提供されていますが、日本のAmazonでもこれに近い取り組みとして、「みんなで応援プログラム」を実施しています。物資を必要としている団体や施設、個人が欲しいものリストを公開し、支援者がそれを購入して贈れるというもの。従来から行われていたことですが、Amazonが支援先のリストを公開することで、支援を行いやすくした形です。

source: Facebook