Facebook
Facebook

Facebookは3月31日(現地時間)、ニュースフィードの表示順を変更できる新機能「フィードフィルターバー」を発表しました。数日中にAndroid版アプリで展開され、iOS版は今後数週間以内に提供される予定です。


Facebookのニュースフィードは、長らくアルゴリズムでその表示内容や表示順を決定してきました。対してヘビーユーザーを中心とする時系列順を好む層からは、こうした仕様は必ずしも受け入れられてはいません。

設定の変更は一応は可能なのですが、実際は一時的に時系列順への変更はできるものの、操作が煩雑で、また再アクセス時にはアルゴリズムが決定した表示にもどるなど、ユーザーでのコントロールが難しい部分でした。


対して、今回導入されるフィードフィルターバーでは、フィードをスクロールした際に画面上部に表示されるメニューバーから、これまで通りのアルゴリズム順と最近の投稿から表示する時系列順に切り替えが可能になります。また、最大30人の友人やフォローしているページを優先表示するお気に入り機能も個別のフィルターとして利用できます。

また、フィード関連では、「この広告が表示されている理由」を表示する機能を拡張し、おすすめとして表示される投稿についてもその理由が確認可能となります。

このほか、投稿を公開(シェア)する際、コメントできるユーザーを制限できる機能も公開されています。こちらは、2020年8月にTwitterに追加された機能と同等となっており、コメントできるユーザーを友人だけやタグ付けした人のみに制限できます。

これまでFacebookは、ことフィードの表示変更についてはあまり積極的ではない印象もありました。しかし、今回ここに手を入れたのは、昨今話題となっている、プライバシーの管理やデータはユーザー自身のものである、という流れを意識しているのかもしれません。

Source: Facebook