Facebook Gaming
Mike Blake / reuters

Metaは12月6日(現地時間)、Facebook GamingにおいてPAC-MAN COMMUNITYの立ち上げを発表しました。あわせて、Fcebook Gamingに「Play With Streamer」「Facebook Interactives」という2つの新機能を追加。どちらもPAC-MAN COMMUNITYで利用されています。

PAC-MAN COMMUNITYは、インタラクティブなストリーミング技術開発を手掛けるGenvid、BANDAI NAMCO Entertainmentと共同で開発した新しいパックマンで、プレイヤーや実況者、視聴者などが新しい方法でつながることができるとしています。1人プレイのほか、最大4人のグループでプレイ可能。用意されている迷路に加えて、専用ツールを使い独自の迷路を作成可能となっています。

このPAC-MAN COMMUNITYで利用されている新しい機能の1つが、Playwith Streamer機能です。配信者はライブストリーミング上にボタンを表示し、視聴者がそれを押すことで、一緒にプレイが可能になります。ストリーミング自体はピクチャーインピクチャーで継続されるので、プレイが中断することはないとのことです。

もう一つのFacebook Interactivesは、ライブストリーミングの画面の上に重ねて表示されるインタラクティブな要素で、将来的にはトリビアクイズや投票、ストリーミングでプレイ可能なゲームなどが組み込まれる可能性があるとのこと。PAC-MAN COMMUNITYでは、Watchモードで利用でき、AIプレイもパックマンとゴースト、どちらかの手助けを行えます。今後数か月以内に、新たな機能も追加予定としています。

Facebookは、ゲームとは様々な方法で人々を強くを結び付ける存在だと信じており、「ゲームをプレイする、見る、つながる」という3本の柱は、どれをとっても大きな可能性を秘めているとしています。その上で、これらが一緒になるとさらに強力になるともしており、Play With StreamerやFacebook Interactivesなどの機能を提供することで、これらの柱を結び付ける体験を探求し、ゲームを軸としたコミュニティと社会的なつながりを構築するとのことです。

Source: Facebook(1), (2), (3)