iPhoneのFacebookメッセンジャーアプリで文字バグ……Gboardでとりあえず簡単に直す方法:世永玲生の電網マイノリティ

応急処置的な

世永玲生(Reo Yonaga)
世永玲生(Reo Yonaga)
2020年09月9日, 午後 07:00 in ios
0シェア
FacebookTwitter

こんにちは。世永玲生です。

さて、最近話題になっているFacebookメッセンジャーのバグ。日本語入力がおかしくなるというものですが、皆様はどの様にお付き合いしていますか?

「こんは^_^んはきょうのきょうのよていは」

みたいなやり取りになってますが、すっかりニューノーマル。ひらがなベースで、誤字も気にしない、ある意味癒やしのコミュニケーションを僕も行っていました。

ですが、Facebookメッセンジャーで仕事の連絡をすることがある方はそういうわけにもいかず、文字入力するのにいつもの何倍もの時間がかかって困っているのではないでしょうか?

そこで今回は、iPhoneのFacebookメッセンジャーの文字バグを”とりあえず簡単に直す方法”をご紹介します。

こちらの文字入力バグは9月10日にアップデートにて解消された模様です。(9月10日09:30追記)

Gboardをダウンロードしてインストール

その方法はGoogleのiPhone向けキーボード「Gboaed」を使うというもの。まずはアプリをインストールしてください。

Gboard(App Store)

インストール後は指示に従い、

キーボードから、

Gboardをオンにします。

一度設定してしまえば、あとは文字入力で地球マークを長押しにして切り替えられるように。Gboardを使えば濁点や小文字が「^_^」になったり、入力時にいきなり変換が解除され全て平仮名になってしまったり、入力中の文字がワープして繰り返されたり、なんてことは発生しなくなります。

使いやすい様に最低限のカスタマイズをしておきましょう

セットアップが完了したら次にGboardアプリを立ち上げ、カスタマイズを行いましょう。

デフォルトの状態ですと、「トグル」(ケータイ入力)の状態になっているはずなので、「フリック入力のみ」に切り替えるのがおすすめ。これでいつもどおりのフリック入力になるかと思います。

僕は「言語を追加」から「QERTY」を追加しています。この辺はお好みで。

▲僕のその他の設定はこんな感じです。統計情報の共有と、片手モード、音声入力はとりあえず切っています。

個人的にはフルアクセスの必要性を感じないのと、リスクが0ではないのでオフにしています。

これでとりあえず日本語入力でのストレスは10分の1くらいにはなるはずです。自分好みにカスタマイズすればよりフィットすると思うので、そこも挑戦してみてください。

 

ちなみに今回の件、僕は最初、iPhoneの調子が悪いと勘違いし……

  1. 再起動、Facebookメッセンジャーアプリの再インストール

  2. OSアップデート

  3. 保護ガラス貼り替え

という手順を行い、数時間と数千円を溶かしてしまいました。

むかーしむかし日本語版で入力に起因する似たようなバグが長期間出てたことがあり、当時はまだSNS上に普通にいたザッカーバーグ氏に報告しようと思ったことがありましたが……。

やはりよく使うアプリだとしんどいですね。

文字入力関連のバグは少なくとも8月25日には発生してたので、それなりの期間は放置されている状況ですし、アップデート前には多言語版のアプリチェック体制を徹底していただきたいと思いました。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ios, smartphone, facebook, ipad, app, mobile, iphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter