Facebook Live Audio Room
Facebook

Facebookは6月21日(現地時間)、音声チャット機能となるLive Audio Roomを米国で開始しました。いまのところ、一部の著名人とFacebookグループのみが、iOSアプリからLive Audio Roomを作成できます。

Live Audio Roomは、4月にソーシャルオーディオ体験の1つとして発表されていたもの。Facebook版のClubhouseとでもいうべきサービスです。ホストは友人やフォロワーなどをスピーカーとして招待が可能。スピーカーは最大50人まで指定できます。プライベート以外の公開されたルームなら、iOSとAndroidアプリから誰でもリスナーとして参加でき、リスナーの数に制限はないとのことです。

作成されたルームは、iOSとAndroidのニュースフィード上に通知が表示されるほか、登録しておけば、興味あるテーマのルームが公開されたときにそれも通知されるとのこと。視聴しているルームにフォローしている人が参加すると、それも通知されます。

また、Facebook版の投げ銭機能であるスターにも対応しており、リスナーはホストに対してスターを送り支援も可能となっています。

Facebook Podcast
Facebook

そのほかのソーシャルオーディオ体験として、ニュースフィード上でポッドキャストが聴けるようになりますが、こちらも、米国だけで展開されています。

ポッドキャストはミニプレイヤーあるいはフルスクリーンでの視聴が可能。ポッドキャストのカタログにアクセスし、お気に入りのポッドキャストにコメントをしたり、ブックマークをしたり、共有も可能になるとのことです。

なお、今夏の後半には、Live Audio Roomの録音やポッドキャストを短いクリップにして共有できる機能も展開するとしています。

Live Audio Roomは、ホストになれる人が限られるなど、まだテストリリース的な印象もありますが、ClubhouseにTwitterのスペース、SpotifyのGreenroomなど、音声チャットサービスがだいぶ充実してきました。肝心の音声チャット自体、一時期の盛り上がりはなくなっていますが、今後、定番サービスとして定着できるのか、注目しておきたいところです。

Source: Facebook