Live Audio Rooms in Facebook and Messeng
Facebook

Facebookが、以前から開発が伝えられていたClubhouse対抗の音声チャット機能「Live Audio Rooms」を発表しました。夏までには利用可能になる予定です。ほかにもポッドキャストや短いオーディオクリップを共有するSoundbitesなどの新機能も発表されています。

Live Audio Roomsは、FacebookグループまたはMessengerで利用でき、Cloubhouseと同様に音声チャットを楽しめるというもの。先日発表したHotlineでは、カメラを利用して、おしゃべりというよりQ&Aセッションなどの利用を想定していましたが、こちらは純粋にコミュニケーションが目的のようです。

まずは、グループと著名人のアカウントに提供するとのこと。Facebookは「カメラに映るというプレッシャーを感じることなく、議論の場を設けることができる」としています。

他のオーディオ機能として、Facebookのニュースフィードに短いオーディオクリップを投稿できるSoundbitesにも取り組んでいます。これは、逸話、ジョーク、インスピレーションの瞬間、詩などを表現する、短い形式のクリエイティブなオーディオクリップとのこと。ただどのように使われるのか、まだ固まってはいないようで、今後数か月の間に少数のクリエイターでテストを実施し、様々なコンセプトを試してみたいとのこと。そのフィードバックを受けてから、すべてのユーザーに展開されます。

Facebook Soundbites
Facebook

また、今後数か月以内に、Facebookアプリでポッドキャストが聴けるようになるとのこと。これは、Facebookアプリがバックグラウンドの場合にも利用できるようです。

なお、Live Audio Roomsは収益化も検討されています。クリエイターのRoomsに参加するために都度課金、あるいはサブスクリプションモデルが提供される予定です。また、Soundbitesについても、新しいオーディオクリエイターをサポートするためにファンドを導入するとのことです。

Source: Facebook