Messenger
Facebook

Facebookは8月25日(現地時間)、Messengerの誕生10周年を記念して、10周年記念スタンプや、Soundmojis、グループチャットでの投票ゲームなど、いくつかの新機能追加を発表しました。ただし、その多くは日本では利用できないようです。

まず日本で使えるものとして、「Messengerは10周年!」スタンプが無料配布されています。ただこれ自体は特に専用に作られたというわけではなく、人気のステッカー10種類の詰め合わせとなっているようです。このほか、バースデーケーキのろうそくを吹き消すARエフェクトなども利用可能です。

音を再生できる絵文字であるSoundmojisにもバースデーソングを歌うものが追加されました。ただ、残念ながら、Soundmojis自体が日本では利用できません。

グループチャット機能では、ミニゲームとして投票ゲームが追加されました。チャット内で、「最も可能性が高いのは誰か」を投票するもので、設問自体はあらかじめ用意されているものから選びます。たとえば、「みんなが逃げている間に、ゾンビと戦う可能性が最も高いのは誰か?」「自分の誕生日にプレゼントをくれる可能性が最も高いのは誰か?」といった具合です。こちらについても、グループチャットの投票機能自体が日本では利用できいので、提供されない可能性が高いです。

また、やはり日本では利用できませんが、Facebook Payを使ってMessengerから友達の誕生日に現金ギフトを送付可能になります。送金すると、ギフトメッセージが風船エフェクトが付いた状態で送信され、相手がメッセージを確認すると銀行口座に振り込まれる仕組みです。現金ギフトは、Facebookのニュースフィードやプロフィールで友達の誕生日の横に表示されるボタンを押すと送金できます。

もう一つ、友達の連絡先を他の友達に簡単に共有できる機能も追加されます。Messenger上で、共有したい(他の人に紹介したい)友達を選択し、連絡先の共有を選ぶと、その人のプロフィールがMessengerで共有されます。

最後に、近い将来追加する機能として、Word Effectsという新機能も発表されました。あらかじめ特定のフレーズと絵文字を登録しておくと、そのフレーズをMessengerで送信した際に絵文字がアニメーションするエフェクトが現れます。

Messenger
Facebook

なお、Messengerといえば、WhatsAppとの統合やデフォルトでのエンドツーエンド暗号化なども予定されていますが、Messengerの責任者Stan Chudnovsky氏は、米Engadgetに対して「Messengerの機能が非常に多く、これらすべてをエンドツーエンド暗号化の環境下で動作させる必要があるので、作業はゆっくりとゆっくりと進んでいる」と語っています。デフォルトでの暗号化は、もうしばらく時間がかかりそうです。

Source: Facebook