メッセンジャーがFace IDでロック可能に。プライバシー機能「アプリロック」導入

メッセージを送れる相手の制限もまもなく

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月23日, 午後 02:40 in Facebook
0シェア
FacebookTwitter
Facebook Messenger
Facebook

Facebookは7月22日(現地時間)、メッセンジャーにアクセスする際、顔認証や指紋認証を必須にできる「アプリロック」を導入しました。現在、iPhoneとiPadで利用可能で、Android向けには数ヶ月以内に提供予定としています。

アプリロックは、6月から一部ユーザーでテストを行っていた機能です。プライバシー設定からアプリロックを有効にしておけば、家族や友人にスマートフォンを貸した場合などでも、メッセンジャーのやりとりを見られてしまうことを防げます。

また、メッセージを送ったり電話をかけられる人、それらが出来ない人を設定可能にする新しいプライバシー設定機能に取り組んでいることも発表されています。これは、Instagramで提供されているメッセージコントロール機能に似たものになるとのこと。

このほか、友達ではないユーザーから送信された画像を、自動的にぼかす機能も提供されます。見ず知らずのユーザーからいきなり画像が送られてくる場合、スパムや不適切な画像である可能性があるためで、これもInstagramやWhatsAppにあるのと同様の機能です。

これらの新機能は近日提供予定となっていますが、テストが開始される際には、あらためて情報を共有するとしています。

source: Facebook

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Facebook, Facebook Messenger, Social media, privacy, news, gear
0シェア
FacebookTwitter