Facebook
d3sign via Getty Images

Facebookは4月8日、ニュースフィードの投稿に「公式」「ファンページ」「風刺ページ」などのラベルを表示するテストを米国で開始したと発表しました。その投稿をしたのが何者なのかを分かりやすくするのが目的です。

Facebookは以前からフェイクニュースへの対策を強化していますが、ラベル表示もその一環と考えられます。本物のニュースサイトに見える風刺サイトの投稿を、本当のニュースだと誤解して拡散するのを防ぐ、あるいはその内容が公式情報なのかどうかを判断するのに役立ちそうです。

すべての投稿にラベルが付けられるわけではないようですが、ラベルが表示される場合にはその理由もあわせて確認が可能になります。

FacebookがTwitterに投稿した例では、公人や既存のニュースサイトからの投稿によく似ているため、混乱を防ぐために風刺ラベルを表示していると、その理由が確認できます。ちなみに風刺ページの説明としては、ユーモアや誇張、不条理を使って論点を述べることで、人々が社会的な論評を共有する方法だとしています。

現在のところは米国でのみテストされており、これが他の国や地域にも展開されるのか、正式にリリースされるのかは定かではありません。風刺サイトに対して「これは風刺です」という表示を行うのは、少々野暮な気もしますが、投稿する側としては、フェイクニュースとして扱われるよりもいくらかはマシなのかもしれません。

Source:Facebook(Twitter)