Facebook Ray-Ban Stories

Facebookは9月9日(現地時間)、同社初となるスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。製品名からわかるように、イタリアの大手アイウェアメーカーEssilor Luxotticaの所有するRay-Banブランドとのパートナーシップにより開発されました。価格は299ドル(約3万3000円)で、米国のほか、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、英国の一部小売店で販売されます。

Facebookのスマートグラスと言えば、ARデバイスの開発が伝えられていますが、Ray-Ban StoriesにはAR的な機能はなく、カメラ+スピーカーという構成です。Snapchatのカメラ付きメガネSpectaclesにAmazonやBoseのスピーカー付きメガネを組み合わせたようなもの。

Ray-Ban Stories
Facebook

メガネフレームはRay-Banの定番モデルであるWayfarer、Wayfarer Large、Round(ラウンド)、Meteorの20種類のバリエーションと5色のカラーバリエーションを用意。レンズも色付きのサングラスのほか、度付きなどに変更できます。ともすれば、やぼったい印象になりがちだったこれまでのスマートグラスと比べ、よりすっきりとした普通のサングラスといった印象に仕上がっています。

Ray-Ban Stories
Facebook

前面フレームの左右に5MPのカメラが内蔵されたデュアルカメラ仕様で、静止画のほか30秒の動画を1人称視点で撮影可能。自分が見たままの世界を記録できるとしています。テンプル部にあるキャプチャボタンのほか、音声コマンドでも撮影可能。なお、プライバシーに配慮し、撮影中はLEDが点灯し、周囲に撮影中であることを知らせます。

Ray-Ban Stories

テンプル部には、オープンイヤースピーカーを内蔵しており、音楽再生にも対応します。実際に試した米Engadgetのライターによれば、音質は予想以上に良好だったとのことです。また、3つのマイクアレイを搭載しており、動画撮影時に音声の記録も可能です。

撮影した映像は、専用アプリのFacebook Viewで確認できます。このアプリ上で簡単な編集を行えるほか、FacebookやInstagramはもちろんのこと、TwitterやTikTok、Snapchatなどに共有も可能です。

Facebook View
Facebook

FacebookはEssilor Luxotticaと複数年のパートナーシップを結んだとのことなので、今後も同様の製品が登場する可能性はありそうです。もしかすると、ARデバイスに関してもRay-Banブランドの名前が冠されるのかもしれません。

Source: Facebook