Facebook、メッセンジャーのビデオ通話と会議機能「Rooms」に画面シェア機能追加

Zoom対抗でしょうか

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年07月17日, 午後 03:00 in Facebook
0シェア
FacebookTwitter
share
Facebook

Facebookは16日(現地時間)、iOS版およびAndroid版のメッセンジャーアプリ「Messenger」のビデオ通話とグループチャット「Messenger Rooms」に画面共有機能を追加したと発表しました。

新型コロナ禍のもと在宅しながらのリモート会話や会議が定着しつつあるなか、競合サービスZoomなどに対抗した機能拡充が図られているもようです。

新機能により、ビデオ通話ないしグループチャット中に友人とともに写真の思い出を共有したり、オンラインでともに買い物したり、SNSを共同閲覧できると謳われています。

share
Facebook

Messengerアプリで画面を同時に共有できる人数は最大で8人、Roomsでは16人。さらにRoomsではまもなく最大50人まで参加人数を拡張し、画面を共有できるメンバーを制御できる機能を追加する予定とのことです。要は招かれざる参加者による「Zoom爆撃」的な荒らし行為を防ぐ手立てが用意されるわけです。

今回の更新で、画面共有機能はAndroid/iOSアプリ、デスクトップアプリ、およびWebの最新バージョンで全世界的に利用可能になったとされています。ビデオ会議アプリのニーズは新型コロナ禍による外出制限をきっかけに急増しているだけに、今後も各社ともアプリ改善にリソースをつぎ込んで機能競争に凌ぎを削りそうです。

Source:Facebook

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Facebook, Facebook Messenger, Rooms, messenger rooms, news, gear
0シェア
FacebookTwitter