facebook
Chesnot via Getty Images

Facebookは、米国での全国いじめ防止と啓発デー(National Bullying Prevention and Awareness Day)となる10月13日(現地時間)、いじめとハラスメントに関するポリシーの改定を発表しました。新しいポリシーでは、個人を標的とした集団的ないやがらせなどへの対応が強化されています。


新しいポリシーでは、個々のコンテンツが単独ではポリシーに違反していなくても、オフラインでの危害のリスクが高い個人を対象とした集団的嫌がらせが削除対象となります。

これはダイレクトメッセージや個人プロフィールへのコメントなども対象です。


これに加え、政治家やジャーナリスト、著名人など、いわゆる公人のための保護も強化されています。具体的には、外見を揶揄するような投稿(虫や動物に似ているといったことも含みます)や性的な内容、軽蔑的・性的に加工された画像などです。

Facebook側は、このような攻撃は公人の外見を武器にしますが、公人が行っている仕事とは無関係であると、対策強化の理由を説明しています。

なお、Facebookは今回のポリシー改定にあたり、人権の専門家や女性の安全グループ、LGBTIQ +コミュニティの代表者など、世界中のステークホルダーの意見を参考にしたとのことです。


Facebookは直近では、ユーザーの安全よりも収益を優先しているといった内部告発も行われていますが、そうした批判をかわす狙いもあるのかもしれません。理由はどうであれ、ユーザー保護が強化されるのは素直に歓迎したいところです。


Source: Facebook