Facebook
JOSH EDELSON/AFP via Getty Images

Facebookは4月19日(現地時間)、投稿やノートの内容をGoogleドキュメント、Blogger、WordPress.comへ直接転送できるようデータ転送ツールを拡張しました。

データ転送ツールは、Facebook、Google、Microsoft、Twitter、Appleらが参画するオープンソースプロジェクト「Data Transfer Project(DTP)」を利用したもの。これまで、写真や動画をGoogleフォトやDropbox、Koofrに転送できましたが、あらたに投稿とノートも外部に書き出せるようになります。これに伴い、ツールの名称も「あなたのFacebook情報のコピーの転送」に変更されています。

ツールを利用するには、これまで同様、パスワードの再入力が必要なほか、サービス間を転送されるデータは暗号化されるとのこと。また、今後も転送するデータやパートナーは拡大していく予定とのことです。

Facebookはデータ転送について、転送後のデータ保護の責任は誰が負うのかなどを明確にする必要があり、このアップデートが政策立案者、開発者、専門家との間で話し合いを進める一助となることを願っていると語ります。

独占禁止法やユーザーの囲い込みなどで非難を受けているFacebookにとっては、法規制に先んじて実績をアピールする狙いもありそうです。

ともあれ、ユーザーとしては、データの可搬性が上がるのは歓迎したいところ。といってもGoogleフォトの無制限が終了してしまうことを考えると、データの転送先についても悩む必要が出てきそうです。

Source: Facebook