Facebook、検索結果に関連情報の表示をテスト中。Wikipediaなどを利用

テストは英語ユーザーの一部のみ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月12日, 午後 04:30 in Facebook
0シェア
FacebookTwitter
In this photo illustration a Facebook App logo is displayed on a smartphone on March 25, 2020 in Arlington, Virginia. (Photo by Olivier DOULIERY / AFP) (Photo by OLIVIER DOULIERY/AFP via Getty Images)
AFP via Getty Images

Facebook上で特定のトピックについて検索した際、検索結果と共に、Wikipediaなどからの情報を一緒に表示するテストが実施されています。

ソーシャルメディア関連のウェブメディアSocialMediaTodayが報じたこの機能、Google検索のナレッジパネルによく似たもので、米TechCrunchがFacebookに確認したところ、映画やテレビ番組、著名人や場所などのトピックを検索したときに情報を表示するもので、現在、iOS、デスクトップ、モバイル版のウェブサイトで英語でのみテストが行われているとのこと。なお、すべてのユーザー表示されているわけでもないようです。


テスト期間や、今後英語圏以外にも拡大するのかなど、詳細は明かされていませんが、この検索表示により、ユーザーはより詳細な情報を求めてFacebookを離れる機会が減るかもしれません。また、ある程度信頼できる情報ソースを引用することで、フェイクニュースに対抗する手段となる可能性もあります。

source: TechCrunch

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Facebook, wikipedia, facebook search, news, gear
0シェア
FacebookTwitter