Engadget

代替肉関連ビジネスを手がけるネクストミーツは、12月17日から「ネクストバーガー2.0」の販売を開始します。⾃社ECにて予約販売を開始し、12⽉23⽇(⽔)から順次発送予定です。

「ネクストバーガー2.0」の内容は80gのパティ4枚とオリジナルソースが付属。価格は税込み1276円です。今バージョンの代替肉は、エンドウ豆と大豆のタンパク質を組み合わせて作成したもの。前世代と比較して食感に弾力(肉感)がついたことで、おいしさがさらに増したとしています。


調理方法は冷凍のパティを袋から取り出し、フライパンに油を敷いて少し焦げ目がつくくらいまで焼きます。焼き上がったあとは別途用意したバンズではさんでハンバーガーに仕上げます。パティはバンズに挟む以外にも、ベーグルや食パンで食べたり、ハンバーグ代わりにロコモコ丼などにも使えるとしています。


ネクストミーツはこれまで焼き肉や牛丼といった製品を展開してきました。同社は製品をソフトウェアのようにバージョンで呼称しており、今回は2.0のハンバーガーというわけです。また、モスバーガーやフレッシュネスバーガーといった大手ファーストフードもフェイクミートを利用したハンバーガーを販売しています。

筆者もネクストミーツの牛丼や焼肉を食べたことがあるのですが、肉らしい食感と食後の満足感に感銘を受けました。肉感が向上したという「ネクストバーガー2.0」の仕上がりも気になるところです。



関連記事:

「ネクストバーガー1.2」のクラウドファンディングがスタート

焼肉風偽肉「ネクスト焼肉シリーズ」Yahoo!ショッピングで購入可能

夜食でも罪悪感なし。代替肉を利用した「ネクスト牛丼1.2」9月28日発売



Source:ネクストバーガー2.0