60人パーティーゲームFall Guysがサイレント更新、不評種目の短縮・連続防止など。シーズン2も近日公開

The Fallen One

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年08月23日, 午後 12:14 in PS4
0シェア
FacebookTwitter
Fall Guys
Devolver Digital / Mediatonic

PS4とSteamで大人気の60人パーティーゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』(フォールガイズ)がサイレント更新しました。

一部ミニゲームで無駄に長かった制限時間を短縮したほか、チーム戦が連続で選ばれないよう変更、最終ステージの人数変更など、プレーヤーの不満を解消する調整です。

またPC (Steam) でしか選べなかった ValveコラボのコスチュームがPS4でも手に入るようになりました。

Fall Guys は英国の独立系スタジオ Mediatonic が開発したオンラインパーティゲーム。日本の「たけし城」のような生き残りゲーム番組の体裁で、60人のプレーヤーがミニゲームを繰り返し、最後の一人だけが王冠を掴みます。

大人数が最後の一人になるまで戦う、と聞けばフォートナイトやPUBG、APEX、CoD: Warzoneなどなど大流行のバトルロワイヤル系を連想しますが、フォールガイズのミニゲームは障害物競走や大玉転がし、追いかけっこなど他愛ないものばかり。初見で何をすれば良いか分かり、数回で慣れるシンプルなマップやルールです。

他人を直接妨害できる要素が少なく、自分がゴールに急いだほうが得になるため「開幕いきなりベテランに囲まれ何す術もなく敗退」が発生しないなど、気軽に楽しめるデザインになっています。

Fall Guys
Devolver Digital / Mediatonic

8月21日のサーバサイドアップデート内容は、

  • 「ロイヤルファンブル」「チームしっぽオニ」の制限時間が90秒に短縮

  • チーム戦ミニゲームが連続で選ばれないように変更

  • 決勝ミニゲーム「クラウンマウンテン」の参加人数が最大15名に

  • PC (Steam)限定だった ValveコラボアイテムがPS4でも購入可能に

短縮されたミニゲームは、時間切れの瞬間に「しっぽ」を持っているかどうか、またはチームの所持数で勝敗が決まるルール。

基本的に有利の維持が難しくすぐに入れ替わるようになっているため、最後の数十秒しか関わらないのに無駄に忙しい時間を過ごすことが不評でした。

チーム戦はプレーヤーひとりの立ち回りよりもチームメイトの行動含め運で決まる要素が多く、生き残るにしろ落ちるにしろ、行動に対して報われた感が損なわれる場合が少なくありません。

クラウンマウンテンはシンプルな、障害物を避けて斜面を駆け上り山頂の王冠をジャンプで掴むステージ。あまり順位がかき乱される要素が少なく、人数が多いと最後の王冠に絡んだり見たりする前に終了してしまうこともあります。

Fall Guys は他のバトルロワイヤル系や基本プレイ無料ゲームと同じく、ゲームを繰り返して得られるポイントで昇格したり報酬アイテムがもらえるシーズン制を採用しています。

ゲーム発売と同時に始まった現在のシーズン1に続いて、早くもシーズン2の先行公開が告知されました。

シーズン2はオンライン開催になったゲームイベント Gamescom のオープニング配信でワールドプレミアになる予定。日本では28日の午前3時くらい。

Fall Guys は Steam と PlayStation Store で販売中。価格は約2000円。

Steam:Fall Guys: Ultimate Knockout

Fall Guys: Ultimate Knockout | 公式PlayStation™Store 日本

PS4の場合、オンライン対戦に必要なサービス PlayStation Plus の加入者特典として、8月4日から31日までは無料で入手できます。一度ライブラリに追加しておけば、9月以降もPS Plusに加入しているあいだは無料プレイ。

Fall Guys はオンラインマルチプレイ専用なので、遊ぶにはいずれにしろPS Plusが必須です。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: PS4, Fall Guys Ultimate Knockout, Mediatonic, Steam, fall Guys, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter