人気ゲーム『Fallout』がAmazonでTVシリーズ化。『ウエストワールド』のKilter Filmsが製作

ごっくりごっくりこんと、ヌカコーラ♪

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年07月3日, 午後 04:40 in fallout
0シェア
FacebookTwitter
Bethesda
Bethesda

Amazon StudiosとBethesda Game Studiosが、互いに提携してゲーム『Fallout』の映像作品を製作すると発表しました。制作陣にはHBOの人気SFドラマシリーズ『ウエストワールド』を手がけたジョナサン・ノーランとリサ・ジョイによるKilter Filmsが加わっていると伝えられています。

もともとはInterplayが開発し、エレクトロニック・アーツが発売していた『Fallout』シリーズですが、3作目からは現在のBethesda SoftworksがIPを取得して製作しています。またBethesdaはおよそ10年前からこのゲームの映像化を模索していたとのこと。

Bethesdaのエグゼクティブプロデューサー、トッド・ハワードは、Kilter Filmsのチームと初めて話したとき、それが上手くいくと確信したとのこと。一方Amazon Studiosも「ジョナサンとリサはこのシリーズに命を吹き込むのに最適なストーリーテラーです」「Bethesdaとともに『Fallout』をテレビで届けられることに興奮しています」と述べました。

『Fallout』は1997年に第1作が発表されたRPGで、主に22世紀から23世紀の核戦争後の世界を舞台としつつ、1950年代のSF小説的なレトロフューチャリスティックな雰囲気が特徴で、皮肉を伴うユーモアやB級映画的な設定などが、忠実なファンを生み出してきました。

ちなみに、Kilter Filmsが製作するHBOの『ウエストワールド』はシーズン3が終了し、シーズン4の製作も決定しました。Amazonプライム・ビデオではまだシーズン2までしか視聴できませんが、近い将来には『Fallout』とともに視聴できるようになることを期待して待ちたいところです。

source:Bethesda Softworks

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: fallout, amazon, amazon studios, bethesda, amazon video, news, gear, gaming, entertainment
0シェア
FacebookTwitter